サブカルクソブログ

石原慎太郎『太陽の季節』レビュー

             f:id:tettunn:20160909003601j:plain

 

 

太陽の季節

東京都知事選が始まるということを、今更ながら知った。

新聞を取り寄せていない身では、ヤフーニュースのトップをちらりと見るだけの毎日である。
ハッキリ言ってしまえば、恥ずかしながら石原慎太郎が既に都知事を辞職され、衆議院議員として国政に復帰しているということも知らなかった。

 

石原慎太郎氏の「太陽の季節」をついこの間読了した。文壇にセンセーションを巻き起こした問題作というのも、頷ける内容であった。ハッキリ申し上げると、(あくまで私としては)退屈な内容であった。それは、今日におけるサブカルチャーの氾濫に慣れているから、と考えるべきか?当時の人間には刺激的だったろうが、倫理観に欠ける漫画作品など巷に溢れかえっており、新鮮味がまるで得られず、漠然とただ眺めるだけのような、そんな読書になってしまった。主人公は、スラング風に言えば唯のDQNであり、純文学に通ずる、登場人物の心理を読み取るという楽しみがない。彼らは刹那的であり、悪党であり、かといって魂の救いを求めているわけでもなく、しかも時にニヒルであるからだ。


「女は彼等にとって欠くことの出来ぬ装身具であった」
フリー・セックスが随所に散らばるこの作品に於いては、女卑描写が当然のように散見される。
暴力、ドラッグ、酒…現代日本では到底考えられぬ堕落した世界が、彼らの界隈では罷り通っている。


こんなもん書く人間が政治をとるなとかよく言われていたが、若気の至りということを考えないで発言している者が多い。この人はサブカルに対して批判、もしくは閉鎖的な発言をしていることが多かったので、この作品をよく槍玉にあげられていた。だが一歩退いて、冷めた目で傍観してみると、面白いことに気が付く。たった一つの教材を題材にして、何も知らぬ者が扇動される構図は、滑稽であることに。この作品は反社会的なものではあるが、それをただ推奨しているような薄っぺらいものではない、もしくは反面教師としているようなものではないということは、読書家であれば誰でもすぐ気が付くことだ。若者の堕落を描いた作品は数あれど、これがその草分け的な存在であったことは確かだし、評価もされている。

 

Twitterでも同様な事例でよく笑わせてもらっている。まるで道化であると。「頭の悪いもの、知ったかぶりするもの、物事のわかりが悪いものは皆の道化にされ笑われて当然」とは『むこうぶち』ラウターレンの台詞である。
インターネットに扇動されている人間なんて、まさにそれだろう。目に見えぬ扇動者に大衆が扇動され行きつく先はGenocideであると相場が決まっている。それは歴史が証明している。


まあ私は青少年育成保護条例に反対ではあったが。

 


追記:作品も読まず、何も知らぬくせに、わかったような評価をする。偉大な文壇家がしっかりとした批評をしているのに、なにも考えぬ馬鹿が上から目線で適当極まりない批評をする。それが私には本当に腹が立つ。上辺だけのモノに踊らされ、物事の本質が見えていない阿呆は、道化としてfarceの主役がお似合いだ。