サブカルクソブログ

【クライマックスシリーズ1stステージ】まさに"死闘" 激戦を制してベイスターズがファイナルSへ進出決定!

      f:id:tettunn:20161010234748j:plain

死闘と呼ぶべき大消耗戦

昨日は巨人先発・田口の前に打線が沈黙し、今永が素晴らしい力投を見せたものの、最後はセットアップの三上が力尽きた。

 

 

このCS3連戦は手に汗握る好ゲームの連続だったが、特に今日のCS3戦目は消耗戦とでもいうべき凄まじい総力戦となった。

 

 

初回、梶谷が死球離脱・直後ロペスが弾丸2ラン

初回に巨人先発・内海が梶谷に対して死球。なんと、この死球で梶谷は交代となってしまう。内海も動揺したか、その直後に代走として途中交代した関根を1塁に置いて、ロペスが打った瞬間の先制2ラン!

 

こうして幸先よく先制したはよかったが、石田も阿部に同点2ランを許し、更に村田に膝への死球を与えてしまう。一時は担架で運ばれた村田だったが、なんと交代せずそのまま出場。しかもその後、石田は村田に同点ソロを放たれる。

 

その後は一進一退の攻防が続き、試合は泥沼の様相を呈していく。

倉本がゲッツーに倒れた8回で万事休すかと思われたが…

 

巨人に綻び

しかし、このCSはなんといっても巨人にミスが多かった。

9回、代走鈴木がなんと牽制死。

かなり余裕でアウトになっていることがわかる。この鈴木の牽制死は象徴的なもので、巨人小林の捕逸、度重なるバント失敗など、巨人らしくないミスが非常に目立った。

これらのミスが無ければ、果たして結末はどうなっていたかわからない…

 

嶺井が決勝タイムリー

 しっかし綺麗に打ったなあ~

 

ところで最後は山崎が締めたものの、阿部をフライに討ち取った球は真ん中低めへのド甘ツーシームだった。一瞬、「すわ、サヨナラか!?」と脳裏をよぎった。相手はあの『サヨナラ慎ちゃん』である。しかし、打球はライトスタンド手前で失速。全盛期の阿部ならスタンド中段に叩き込んでいるところだったであろう。シーズン終盤にカープを追い詰めたが最後に失速した、今シーズンの巨人を象徴した最後だったのかもしれない。

最後まで綱渡りの試合だったと言って良いだろう。

 

待ってろ広島、と意気揚々と行きたいところだが…

お互い死力を尽くしただけあって、消耗が半端ではないことになっている。

中継ぎは疲弊しているし、怪我人も出た。何より先発が格落ちの状況で敵地広島へ乗り込まねばならない。

今回の東京ドームは、半分がベイスターズファンと呼べるほどの観衆である種異様な光景でもあったが、松田スタジアムではそうはいかない。既にクライマックスの席は9割カープファンによって埋められており、いつものビジター応援席分しかベイスターズファンは入ることが出来ないだろう。ともなれば完全アウェイでなおかつ、ジョンソン・野村の二枚看板と赤ヘル強力打線を相手に、格落ちの先発陣と疲弊したリリーフ陣で立ち向かわないとならない。

広島への移動も考慮に入れれば、とんでもなく厳しい戦いになるだろうということだけは予想がつく。

 

なんとなくスラムダンクを思い出す。

しかし、ファーストステージからここまでの大激戦になるとは予想していなかった。それだけに充実感もひとしおなのだが、なんだか既にやってやった感もある。

「山王戦で全てを出し尽くした湘北は、次の試合で嘘のようにボロ負けした」的なデジャヴュを感じることになるんだろうなあと思う次第である。

 

にほんブログ村 野球ブログ 横浜DeNAベイスターズへ

にほんブログ村

クリックで応援!

 

関連記事

この連休はハマスタへ行ってベイスターズを応援しよう!CS3連戦、ベイビアガーデンでPV(パブリック・ビューイング)開催 

【10月8日 CS1stステージ1戦目】ハマスタPV(パブリック・ビューイング)に行ってきました!