サブカルクソブログ

ヤンマガの漫画版『バジリスク~桜花忍法帖~』は面白くないのだろうか?

評価悪くて悲C

 

 

 

※Amazonレビューより

書店で偶然見かけ購入。
ワクワクしながら読んでみたものの非常にがっかりした。
ギャグ展開なのか?と読み進めるとよくわからないうちに忍が死んでいく。
忍術とはいったい何だったのか・・・
展開や超能力バトルに困惑していると、さっきまで真後ろに大木があったのに、ん?どこいったんだ?など
細かな点まで気になって仕方ない。普通ならそれぐらい軽く流せるのに、あまりに「バジリスク」とかけ離れすぎていて。

唯一の救いはせがわまさき氏のキャラデザとシヒラ竜也氏の漫画です。この点のみで☆2としたい。
※バジリスクって何ぞや、というご新規さんは楽しめると思います。

 

バジリスク~甲賀忍法帖~の続編!
なのですが、山田風太郎氏が原作の物では無く、別の方が原作と漫画を描いており、
キャラクター原案は甲賀忍法帖で漫画を担当した、せがわまさき氏が協力となってます。

ネタバレ回避の為に詳しくはレビューできませんが、
甲賀と伊賀の子、八郎と響の出生は、前作を知っていると「?」ってなることが多かったです。
まだまだ謎かけの段階なので、この辺りの謎解きは楽しみの一つにしたいですが、
とにかく、賛否が分かれると思います。舞台も、忍法だけでなく、西洋の魔術なども取り入れられ、
世界観もジャパニーズ異能バトルの原点と謳われた、甲賀忍法帖というより、
一昔前の東洋と西洋の異能バトルっぽくなっています。何というか、うーん・・・色々やり過ぎかと・・・・・・。
確かに、甲賀忍法帖を参考にしたオリジナル作品は近年でもいくつもありますが、続編となると少し首をかしげました。
正直、甲賀忍法帖の世界観でやる作品なのかな? と考えてしまいましたが、今後の展開に期待したいです。

キャラクターも、八郎の真っ直ぐな少年っぽさは親しみやすくて良かったです。ちょっとシスコンですが・・・・・・。
そして、響の儚くも残酷な優しさ・・・それが八郎に今後どう言う影響を及ぼすのか楽しみです。実は結構ブラコンっぽいですが・・・。
主人公とヒロインの掴みは個人的に有りでした。

とりあえず、賛否、好きずきが分かれる一巻ですが、
作品の序章としてちゃんと区切りよく収録されているので、
二巻からが本番であることを考えると、親切な収録方法だと思います。

面白いと言う意味では、一応☆3ですが、オススメとなると☆が付けづらいです。
最悪、読まなきゃ良かったと言う人もいるかもしれません。それくらい賛否が出るかと思います。
ですが、個人的には八郎と響の物語として、次巻に期待したいです。
あと、アニメが一月から放送のようなので、そちらも見てみようと思います。

 

 

まあ、わかってましたよ?わかってましたけどね…

 

評価の悪い理由

とりあえず、前作とも言えるせがわまさき版『バジリスク~甲賀忍法帖~』の完成度が高すぎたことが挙げられます。

 

私もレビュー記事を毎週のように書いといてなんですが、

www.tettunn.com

 

ぶっちゃけあまり面白いとは思って読んでなかったもんね。ぶっちゃけ、毎週ヤンマガを買ってたのはハンチョウ喧嘩稼業に占めるウェイトのほうが大きかったなあ…

 

…あ、ちなみに喧嘩稼業の9巻が発売されたから買えよお前ら(ダイレクトマーケティング)

 

 つーか木多お前早く原稿上げろよオッラアアアアアアアアアアアアアアン!!??

ヤンマガに載らねーから雑誌買う気も失せたじゃねーか!(暴論)

 

…というか、今のジャンプより圧倒的にヤンマガやモーニング、ヤンジャンのほうが面白いよ?そりゃあね?

それでもアニメ化に期待しています

とはいえ、1月にはアニメ化も控えています

当サイトは、バジリスクのいちファンとして応援を続ける所存ですので、何卒最後までお付き合いください。

 

 

…レビューの更新…再開したほうがいいのかなあ…