サブカルクソブログ

パチスロ史上最悪のマシン『ミリオンゴッド』そのギャンブル性に迫る 歴代『ミリオンゴッド』シリーズも紹介 

当サイトでもアクセスが多いこちらの記事を読んでくださった読者の方から問い合わせがあったので今回の記事を作成しました。

www.tettunn.com

 

 

2002年、パチスロが最もアツかった時代。AT機全盛の時代の中で、ある一台のマシンが登場する。ミズホからリリースされたその台の名は『ミリオンゴッド』

パチスロ史上最強のギャンブルマシンとして名を馳せた伝説的なマシンである…

 

ちなみにATとは

そして現在パチスロマシンで主流である『AT機』には『AT』と呼ばれる『ゲーム数管理』もしくは『セット数管理』の「ゲーム数もしくは連チャンが終わるまでメダルが増え続ける大当たり」が搭載されている。

これらは大まかに出玉スピードが『純増』で表現されており、例えば『純増3枚(現行機の最高純増枚数)』ならば、1ゲーム当たりに約3枚の目安で出玉が増えるということであり、「100ゲームで300枚のメダルを獲得できる」という計算になる。

 

ここでキモになるのはギャンブルの性質上、カネが増える速度が速ければ速いほど射幸心を煽られるという点。競馬やFXが人々を熱狂させるのは、たった数分で元手の金が数百倍以上にもなる『脳が灼けるほどの強烈なギャンブル性(しかも青天井)』があるから。人は基本的には時給換算で頑張って働いて賃金を得るのだから、一瞬で労せずして大金を手に入れる快感は何物にも得難いものがある。

 

先ほどの『純増3枚』ならば一時間で約2000枚(4万円)出るが、もし『ミリオンゴッド』のように『純増10枚』ならば100ゲームで1000枚、同じ1時間でも約6000枚(12万円)の獲得が可能となっており、出玉速度が比較にもならない。この瞬発力こそが『爆裂』たる所以なのである(その代わり当然のように吸い込み速度も尋常では無いが)。

4号機時代は、このような『純増7~10枚』程の爆裂AT機が跋扈しており、規制の波により今は打つことが出来ない(もし今ホールに置けば速攻で摘発される)。

東京における『違法賭博』~『闇スロ』の実情~ - サブカルクソブログ

 

 

ミリオンゴッド

f:id:tettunn:20171202104149j:plain

スペック

PGG(プレミアムゴッドゲーム)確率

全設定共通:1/8192

SGG(スペシャルゴッドゲーム)確立

全設定共通:1/4096

GG(ゴッドゲーム)確率

未発表

機械割

未発表(設定6の機械割は150%オーバーとの噂アリ)

 

 AT機の集大成!打ち手を狂気の渦に巻き込んだGG(ゴッドゲーム)の破壊力

f:id:tettunn:20171202112838j:plain

本気はCタイプ(BIGボーナスを搭載していないマシン群)と呼ばれるパチスロで、AT純増約10枚という超爆裂仕様。技術介入要素は全く存在せず、通常時は殆ど子役が揃わないことからコイン持ちが極悪であった(1000円で20ゲーム回るか回らないかくらい)。

通常時に高確率で変則押し順ベルが内部的に成立しており、それをAT中にナビするという仕様。そのため、左・中・右と順押し厳守。変則打ちをした場合、数ゲーム間抽選を受けることが出来ない重いペナルティが加えられ、PGGなどのプレミアフラグも無効になる。

意図的に子役カットをしたのではないかと思うほどのコイン持ちに加え、当時の裏モノすら遥かに凌駕する爆発力が大評判となり、一時代を築いた。

GG(ゴッドゲーム)

本機はゴッドゲームと呼ばれる1回50ゲームのATを目指す。強烈な連荘性能を誇り、純増10枚であるため時速5000枚を軽々と超えるスピードで出玉が増えていく。

また、この台において最も重要なのは滞在モードである。天国モードならば設定に関係なく出るし、地獄モードでは恐ろしいほどの勢いでハマる。ストック機であったため、大当たりは内部当選していても当選フラグを引くまで内部的に持ち越される(ストックされる)。どこかのタイミングでその内部的に溜まったストックが放出されることになるため、とんでもない爆発力を演出できた。この時代、1撃1万枚なんていうのはザラである。

PGG(プレミアムゴッドゲーム)【GOD揃い】

本機の代名詞であり、最強フラグ。8192分の1でGOD揃いを引くと発動。GGが10セット確定する。純増10枚で50セット=500なので、つまり5000枚(等価で10万円)が確定する。

後継機にも必ず引き継がれる。GODといえばこれ。

1撃5万枚(ミリオン)以上も。夢もあるが、自殺者も出るほどの射幸性で社会問題へ発展

この時代のAT機はどのマシンも恐ろしい性能を誇っていたが、5万枚以上(100万円)という大量出玉も日常的に目撃された。まさしく、「ミリオン」に相応しい。だが、それだけ夢を買えるということは、それ以上に負けることもあるということである。

1日に20万円以上の負けは日常茶飯事。当時は消費者ローンの借入限度額が設定されておらず、ATMや街金にはGOD打ちたさのジャンキーで溢れた。借金を苦に自殺した人たちも多くいたという。

ここまで行ってしまえば、御上も黙ってはいない。パチスロはあくまで『遊戯』なのである。社会問題になったこともあり、2003年10月に射幸心を煽る危険マシンとして、検定取り消しになり初代『ミリオンゴッド』はその姿を消した。

爆裂AT機を世に知らしめた伝説的マシンとして、今なおパチスロ市場では一目置かれる存在感のシリーズとなっている。

 

『ミリオンゴッド』後継機!歴代シリーズまとめ

初代ミリオンゴッドは伝説のままその姿を消したが、4号機の射幸性が問題となり大幅にスペックダウンした5号機に入ると、『ミリオンゴッド』の名を冠した後継機が復活。

ミリオンゴッド-神々の系譜-

f:id:tettunn:20171202112946j:plain

 

純増約2.4枚。ARTとなったGG当選を目指す。当然ではあるが、マイルドな使用に大幅にスペックダウンになっている。『神再臨』のキャッチコピーに違わず、液晶が綺麗になった初代GODといった感がある。当時の5号機としては最高クラスの出玉力を誇っていた。

f:id:tettunn:20171202113530j:plain

しかしながら、初代GODに比べれば出玉力の凋落はあまりにも激しく、「これはGODではない」という意見も多々あったことも事実。

バージョン違いのゼウスVersionも後に発売されたが、純増2.2枚と更なるスペックダウンが図られた。とはいえ、名機復活の印象を付けるには充分であったろう。後の『ハーデス』や『凱旋』の大ヒットに繋がる基盤を作ったと言っても過言ではあるまい。

 

ANOTHER GOD HADES(アナザーゴッドハーデス)~奪われたZEUS~

f:id:tettunn:20171202114059j:plain

 

純増約2.8枚のAT機。

5号機トップクラスの性能を誇る最高スペック機であると同時に、5号機最強のマシンと謳われる、完成度が非常に高い名機である。

f:id:tettunn:20171202114306j:plain

セット数上乗せは存在せず、『JUDGEMENT(ジャッジメント)』と呼ばれる上乗せ特化ゾーンを経由して初期AT数を決定する。

非常に爆発力があり、何より1000円で平均30ゲームとGODなのによく回る。

「GODなのに打ちやすい」と新たな高評価も得た。単純に多く回せるということは、GOD揃いの期待値も増すということである。未だなおホールの主力であり、強力な天井恩恵から打ち手にも比較的易しい。何より打っていて楽しい、名機と呼ばれる所以がよくわかる素晴らしいマシンであった。

 

ミリオンゴッド-神々の凱旋-

f:id:tettunn:20171202115032j:plain

 

純増3枚のAT機。

間違いなく5号機最強のスペックを誇る。というかよく検定通したな。

まさしく神、凱旋。初代を踏襲しながらも、5号機で出来る本当にギリギリまでのところを攻めた結果完成したマシン。

f:id:tettunn:20171202115241j:plain

爆発力はもはや言わずもがな。G-STOPという新たな特化ゾーンも搭載し、新たな境地へ。

天井性能も2分の1で80%のループ率を持つGG当選と極めて強力。純増3枚1セット100ゲームのGGは非常に強力で、初代ミリオンゴッドに最も近い完成度の台である。今、最も射幸性の高いマシンの1台と言って良いだろう。

 

 

ANOTHER GOD POSEIDON(アナザーゴッドポセイドン)-海皇の参戦-

f:id:tettunn:20171202120534j:plain

 

GODの形をした何か

 

 

まとめ

まさにパチスロ界のカリスマであるミリオンゴッド。そしてその後継機からも今後目を離すことは出来ない。

名前が射幸心の塊だしね。日本にカジノが出来ても、多分GODブランドとして進出するのだろうな。