サブカルクソブログ

【遊戯王】ハンデスが嫌われる5つの理由

f:id:tettunn:20171205234732j:plain

遊戯王は他のカードゲームに比べて、ハンデスカードに重い規制がかかる傾向にある。

風当たりは極めて強いと言っても過言ではない。

そこで今回は、遊戯王においてハンデスが何故ここまで嫌われるのか、5つの理由を挙げてみた。

 

 

1.コストの概念が軽い。

遊戯王はMTGやDMとは違い、マナなどのコストによる概念が薄い。強力なカードをプレイするには当然相応のコストがかかって然るべきであり、どのカードゲームにおいても「コストを踏み倒す」カードによるパワーインフレが起きるのは常なのであるが、特に遊戯王においてはそれが顕著であるといえる。

f:id:tettunn:20171205235429j:plain

コスト踏み倒しの代表格。コンマイが売上を最優先した結果、印刷されてしまった

昔で言えば、生贄を捧げてまで苦労して出したモンスターが『聖なるバリア-ミラーフォース-』などであっさりと除去されてしまったりするのだから。

強力なカードを使い捨ての感覚でプレイできる以上、それらの強力カードを相手に使われる前に潰してしまえるハンデスは、まさしく理不尽であるとも言えるのだ。

 

2.極めて一方的なゲームとなる

どのカードゲームでも先行が有利というのが定説である。シャドバキッズも問答無用で先行選択するよね。

遊戯王というゲームも基本的には先行絶対有利なのである。特にハンデス3種の神器と呼ばれるカード群が現役だった頃は酷かった。

f:id:tettunn:20171025231611j:plain

f:id:tettunn:20171025231156j:plain

f:id:tettunn:20171025230355j:plain

ハンデスの中でもトップクラスの性能を誇る3種のカード。糞。

 自分は強力なカードを使いたい放題使えて、相手はターンが回ってきても手札がズタズタ。これではゲームの体を為していないといえる。

 

3.連発出来るのでゲームバランスを著しく崩壊させる

先に挙げた1、2の追記的な扱いとなるのではあるが、コストの概念がない=連発できるということである。上記のハンデス3種の神器がマナコストも無く飛んでくるのは酷過ぎる。

f:id:tettunn:20171206000623j:plain

驚異のコスト・パフォーマンスを誇るDM最強のハンデスカード『スケルトン・バイス』君もこれには真っ青

 特にピーピングまでするのはやり過ぎだと言ってよい。

 

4.ドローカードが少ないのでリカバリーが効かない

遊戯王では1ターンキルが平常的に起こるゲームである。そしてそれは、もちろん手札の多さに直結する。そのため、遊戯王はドローカードに非常に神経質になっている傾向がある。

他のカードゲームであればドローカードには相応のコストが掛けられているのだろうが、例えば「強欲な壺」などの強力ドローソースはコスト無しで2ドローできるため単純に強力。単なる2:2の手札交換でさえデッキの安定性に大きく貢献するのだから、他のカードゲームと遊戯王におけるドローソースの意味合いは大きく異なってくる。

 

そして、リソースの回復手段が乏しいということは、相手に一方的にアドバンテージを奪われればそれをリカバリーするのが難しいということであるのだ。

 

5.先攻ゲーの助長

総括するに、「先に打ったもん勝ち」の風潮を作り出しているのが最も害悪たる所以であるといえる。

カードゲームに於いて先行が閃光が有利となるのは先に述べたとおりだが、ハンデスカードは何もプレイしていない相手の戦術を破壊する。これではゲームの醍醐味は生まれないというべきだろう。