「なんでも鑑定団」の国宝級茶碗「曜変天目」はその後どうなった?真贋判定は?結局ニセモノだった!?真相はいかに

「なんでも鑑定団」で本物と判定された「曜変天目」のその後

数年前ですが、当ブログでこのような記事を書きました。

当時、番組始まって以来、最大の発見ということで大きな話題を集めていました。

ネットでも大きな話題になっていましたね。

最大の発見という大仰な謳い文句のわりには、2500万という評価額で拍子抜けした思い出があります。

 

あれから特に音沙汰はなかったかと思いきや、なんとこの鑑定が間違いであるとして複数の専門家から指摘があり、炎上していたようです。

今回は、なんでも鑑定団の曜変天目茶碗について、その後のことを調べてみました。

曜変天目とは

今更ですが、そもそも曜変天目とはなんなのか簡単に説明。

中国の南宋時代に作られたとされる茶碗で、大変に希少なもの。

上の写真を見ていただければわかるのですが、非常に美しい茶碗であり、「器の中に宇宙が見える」とまで評されるほどで、中国産茶碗の最高峰に君臨する作品です。

なんと、世界に3点しか現存してないようです。番組で登場した曜変天目が本物ならば、この世にも珍しい茶碗が4点目となりますので、まさしく世紀の発見というべきものでした。

注目の鑑定結果は?

まあ、テレ東が事前にめちゃくちゃ煽っていたので、ニセモノと鑑定するわけはないと思ってはいたんですけど、名物鑑定人の中島誠之助は「間違いない本物、歴史的な発見」と太鼓判。

しかしながら、世界で5指に入るくらいしか現存するものが無いのに、2500万っていう金額はいくらなんで安すぎじゃないか?と思いました。

間違いなく国宝級のものであるし、過去に鑑定された「柿右衛門様式の壺」などの国宝級お宝には5億という価値がついており、それでも安めに見積もっているでしょう。

なにより、番組としても2500万という鑑定額にはインパクトに欠けるのでは?と思っていました。

ニセモノ?本物?

さて、結局のところこの曜変天目が本物か偽物か、ということですが、結論から申し上げますと、まだ結論が出ていません。

 

何故かと言えば、おおもとの番組サイドが再鑑定に乗り出す気配がまったく無いからです。

 

あれだけ国宝級のお宝と煽っておきながら、以来まったく話題にも上げないのも、おかしな点です。

 

この問題に大きく異を唱えていた急先鋒である長江惣吉氏が、「ハフィントンポスト」を通じて声明を発表していますので、ここに転載することとします。

鑑定団の曜変天目問題への声明

鑑定団に登場した「曜変天目」なる茶碗は、偽物にすら達していない「紛い物」とでも表現するしかない現代中国製のお土産品です。宋時代に曜変天目茶碗が作られた中国福建省の建窯近くの水吉鎮などで現在大量に作られているものです。現地に行けば数千円で売られています。

番組の茶碗をまともな中国陶磁研究者は誰一人として本物とは言っていません、今までにあの茶碗を本物と断言したのは番組だけです。
多くの中国陶磁研究者が「あれは偽物だ!」と声を上げないのは、下らないトラブルに巻き込まれたくないためです。マスコミが研究者に取材すればその状況はすぐに分かるでしょう。明言を避ける人はあっても、あれを本物と言う研究者など一人もいないはずです。

皆さん、考えてみてください、私が紛い物と告発している茶碗が、もしも本物ということになれば曜変天目研究者としての私の信用は吹き飛んでしまいます。それは私にとっての自殺行為です。私はそんな愚かなことはしません、100%の自信があるからこそ告発をしています。私の告発は番組放送翌々日(12月22日)以来、二か月近くになりますが、テレビ東京(テレ東)は相変わらず無視し続けています。

世の中には私が実物の茶碗を見ないで紛い物と断じるのに違和感を抱く人もあるでしょう。どうして映像だけで紛い物と分かるのだ?と思われるでしょう。
しかし、あの茶碗は国宝の曜変とは見た目がまるで違います。鹿の映像を見て馬だと思う人がいるでしょうか?これはそのレベルの話です。この例えでいけば私は馬の研究エキスパートです、鹿が馬ではないことくらい映像を見た瞬間に分かります。
それほど恐るべき幼稚な鑑定間違いを番組はしたのです。皆さんは驚かれるでしょうがこれが事実です。どうしてこんなことが起こったのか?当初は私自身も信じられず夢を見ているのではないか?と疑ったほどです。
改めて皆さんに質問したく思います。番組の茶碗にどこか国宝の曜変と同じところがあるでしょうか?

ハフィントンポストでも報じられたように、テレ東は、番組放送以来、多くのマスコミ、個人からの取材や質問に、「鑑定結果は番組独自の見解に基づくものです。また、番組の制作過程については従前よりお答えしておりません。」と答えて対応を避け続けています。

これを受け、私は2月10日付でテレ東に内容証明を送付して対し次の3つを要求しました。

1再鑑定、2鑑定根拠の公表、3鑑定の白紙撤回

1、件の茶碗の再鑑定の実施。
今回の事件を解決するには、衆人監視の下、一流の研究者による公明正大な再鑑定会を開き鑑定結果を出すのが最も良い方法です。
所蔵者様にはご不快なことと思いますが、是非ご協力をお願い申し上げます。

2、番組であの茶碗を「南宋時代の建窯作の曜変天目に間違いなし」と鑑定した根拠の公表。
正しい鑑定ならば正々堂々、自信を持って根拠が公表できるはずです。公表しない、もしくは出来ないのは本来おかしな話です。何か後ろ暗いところがあると疑われても仕方がないでしょう。
テレ東が言う「番組独自の見解・・」とは一体どういう意味でしょうか?
鑑定には○か×かどちらかしかありません。「独自の見解」という意味が私には分かりません。ひょっとして「鑑定間違いをしても責任は取らないよ」ということでしょうか?もし、そんな不確かな鑑定ならば、どうして多くのマスコミにプレスリリースを行ったのでしょうか?
プレスリリースを行ったというのは、テレ東が報道機関の信頼を賭けて公式に
報道したということです。テレ東は、この報道に責任を負う義務があります。マスコミとして報道機関として当然のことです。
そのプレスリリースを信じて大手新聞各紙が「国宝級の発見」と番組の翌日に大きく報じました。もし、その内容が誤りであるのならば、大手新聞各紙はテレ東の被害者ということになってしまいます。
さらに徳島県教育委員会が文化財調査に乗り出そうとさえしました。この問題はすでに公共機関をも巻き込んでしまっているのです。
その上、この鑑定には、私をはじめ多くの疑義が噴出し問題になっています。こうした状況なのにテレ東の「鑑定結果は番組独自の見解・・・」という答弁は許されるのでしょうか?
テレ東の行動は矛盾しており、責任逃れをしているとしか思えません。

もし、テレ東があの茶碗を本物と主張するのならば根拠をキチンと明かさねばなりません。多くの疑義が上がっているからです。学術的説得力のある根拠が番組にあるとは思えませんが、もしも根拠が公表されたなら、私はそれに対し徹底的な論戦を行います。取り揃えた論戦の資料、友人の中国の専門研究者たちも出番を待っています。

3、再鑑定が不可能な場合は番組の鑑定の白紙撤回。現在はテレ東もあの茶碗が紛い物であると知り困り果てているのかもしれません?もし、そうならば番組に鑑定能力が無かったことを素直に認めて謝罪すべきです。

私の目的は番組の茶碗が曜変ではないことを世の中に公式に確認してもらうことです。世の曜変の認識が狂わぬように正すことが曜変研究者としての良心であり責務と考えています。

なお、私の見解の詳細はユーチューブにアップしています、「ユーチューブ→長江惣吉」で検索し、ぜひご覧ください。

私の送付した内容証明にテレ東から誠意ある回答が届くことを期待しています。もし、然るべき回答が無い場合、私はBPO(放送倫理・番組向上機構)にテレ東の対応について放送倫理違反の審査請求を行うつもりです。

お読みいただき有難うございました。
読者の皆様のご理解とご支援をお願い申し上げます。

九代・長江惣吉 拝

◆長江惣吉(ながえ・そうきち)経歴
曜変天目研究者・陶芸家・東洋陶磁学会会員
1963年、愛知県生まれ。1995年に父、八代・長江惣吉の死去を契機に父が生涯を捧げた国宝の曜変再現研究を継承、東洋陶磁学会「曜変の再現研究」発表、東洋陶磁学会「宋代建盞の光彩の研究」論文集掲載、中国科学院・古陶磁科学技術国際討論会「曜変の光彩の再現研究」論文集掲載、名都美術館「長江惣吉作陶展・曜変の再現と創作」展示、NHK・ETV特集「曜変~陶工・魔性の光彩に挑む」放送など

考察

さて、ここからは私の考察になります。

中島先生が鑑定を間違えたのだとしても、人間ですから、間違いくらいはあるでしょう。

しかし、引っかかるのは2500万円という安すぎる鑑定額です。

 

世界に数点ばかりしかないこのお宝は、本来であれば数億円はくだらないはずです。

 

番組としても、インパクトのある鑑定額を出したかったでしょうし、この金額は不自然さを感じます。

 

あくまで私の推測になりますが、中島先生は番組側に本物と言うように依頼されたのではないでしょうか。

依頼とは名ばかりで、実質的には強制でしょう。

 

なればこそ、中島先生は、良心の呵責から2500万という、中途半端な安い鑑定額をつけたのではないか。

 

真相はおそらく世に出ることはないでしょう。しかし、所詮は話題性を作りたがるテレビなので、やりたい放題がまかり通っていても不思議ではありません。

99%黒でも、認めなければグレーのままですから、この先も再鑑定となることはないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。