サブカルクソブログ

『アナライズ・ウクライナ』

ケリー米国務長官は2日の米NBCテレビ番組で、ウクライナにおけるロシアの行動を「侵略」と非難したうえで、資産凍結などロシアへの経済制裁や査証(ビザ)の発給停止を検討する考えを示した。同時に「ウクライナへの軍事介入の方針を撤回しなければ、ロシアは貿易や投資で損失を被る」と警告した。

ロシアのチュルキン国連大使は「ロシア人への危険があるため軍を派遣」と反論、国連安全保障理事会は非難声明の応酬に(1日、ニューヨーク)=ロイター

 これに先立ち、オバマ米大統領は1日、ロシアのプーチン大統領に電話し、ロシア軍をウクライナ南部、クリミア半島の同軍基地に即時撤収させるよう求めたが、プーチン氏は拒否した。(以下略)

 

 

※この記事は管理人が数年前に別ブログにて公開した記事です

 

 アナライズ・ウクライナ

今回の記事のタイトルは、「ゴルゴ13」に掲載された作品のタイトルにした。

 

 

舞台はイギリス、そしてウクライナ・ガリツイァ地方。MI6・イギリス情報局秘密情報部の元工作員で優秀な分析員(アナリスト)であったハ―ベイとゴルゴ13との過去、そして暗躍する『G』とは一体?

 

ウクライナ人民の独立への渇望は、私たち「日本人の若者」には到底理解が及ばぬことだろうと思う。この作品では、「ウクライナの真の独立」について言及されている。20世紀中に4回も独立宣言をしたものの、4回とも挫折したという、辛酸を舐め尽したウクライナ苦難の歴史も……。


この作品が書かれたのは2006年だが、その後も激動の歴史を歩んできたウクライナを思うと、本当に日本は平和で、この国に生まれて良かったと痛感する。

 

『極東に日本という国があるが、一貫としない外交により国の主張がふやけてしまい、この国の若者は独立心(思想と言ってもいいかも)が存在しない。しかし、それがどれだけ幸せな事か?……私は羨ましく思える……』

 

……まあ、無思想でもいいと思うけど