【ゴジラ】ゴジラシリーズ最強怪獣ランキングBest10【強敵】

子供の頃観た『ゴジラファイナルウォーズ』から15年。

このままフェードアウトしてしまうかと思われた日本特撮最大のスター・ゴジラも、2016年公開の『シン・ゴジラ』、更にはハリウッド版『ゴジラ』によって一気に日本人の心に怪獣王が戻ってきましたよね!!

 

そんな日本が誇る特撮大スター・ゴジラの強敵、ライバル怪獣のランキングです。

ただし、筆者の主観がだいぶ含まれておりますのでご了承ください。

10位 ガイガン

全身凶器の宇宙怪獣

『ゴジラ対ガイガン』にて初登場。

手はカマ、腹にはチェーンソー、口は鋭いクチバシと、まさに全身凶器の宇宙怪獣。

X星人の手先として大暴れ。強力な戦闘力を誇りますが、どことなく2番手感が漂います。

 

『ゴジラ ファイナルウォーズ』では、改造ガイガンが登場。ブラッシュアップされたスマートな怪獣として復活を遂げました。

 

9位 キングコング

世界で一番有名なモンスター

『キングコング対ゴジラ』にて、夢の競演。

この作品でのキングコングは最初は全くゴジラに歯が立たないものの、帯電体質になっていたことによって、雷を身体に受けてパワーアップ。

互角以上の戦いを展開しました。

 

 

スポンサーリンク

8位 ビオランテ

G細胞で進化した怪獣植物

『ゴジラVSビオランテ』

平成ゴジラシリーズ最初の敵。

ゴジラ細胞(G細胞)によって進化した植物の敵です。

怪獣体に進化すると、ゴジラ以上の体躯を誇る強大な怪獣です。植物ゆえに火に弱いのが弱点か。

劇中でビオランテシ激走するシーンは、映画史に残る屈指の名場面です。日本の特撮技術は凄い!

 

7位 ヘドラ

公害が生み出した最悪の怪獣

『ゴジラ対ヘドラ』にて登場。

倒すには乾燥させるしかない、シリーズ屈指の強敵にして、異色の怪獣です。

ゴジラの肌を溶かすほどの猛毒を持っており、当時社会問題だった公害から生まれました。

ヘドロなどの汚れがあればすぐに再生するため、実質不死身。カルト的人気を誇る、恐ろしい怪獣です。

 

 

6位 メカゴジラ

対ゴジラの最終兵器

大人気メカゴジラ。

その人気ぶりから、何度もリメイクされた怪獣として知られています。

昭和のメカゴジラは宇宙人の侵略兵器としてゴジラと戦いました。平成のメカゴジラは、大体の場合人類のスーパーロボットとして登場しています。

 

5位 モスラ

平和の使者 幼虫はゴジラに無敗

モスラは人間よりの平和の使者です。それ故、活躍も多いですが、噛ませ犬になることも。

しかし、モスラ幼虫はゴジラに無敗という驚異の戦績を誇ります。

まあ…主人公補正がかなり強い怪獣ですね。

 

4位 カイザーギドラ

最恐のギドラ

『ゴジラ ファイナルウォーズ』にて登場したラスボス。

モンスターXが変死した、最終決戦形態です。歴代最強ともいわれるファイナルウォーズ・ゴジラをその巨体とパワーで圧倒しましたが、最期は轟天号からエネルギーを得たゴジラの「バーニングGスパーク熱線」を受けて跡形もなく消滅してしまいました。

 

3位 キングギドラ

ゴジラ最大のライバル

国内外で有名なゴジラのライバルといえばこの怪獣。

超有名ですが、一度もゴジラに勝ったことがありません。悲しいなあ…

武器は3つ首から吐く引力光線。

 

宇宙怪獣の脅威を知らしめた怪獣で、地球怪獣とは一線を画す実力を印象付けました。

 

2位 デストロイア

オキシジェン・デストロイヤーの怪物

初代ゴジラを屠った芹沢博士の超兵器「オキシジェン・デストロイヤー」によって、中生代の生物が異常進化した恐るべき怪獣。

まさしくゴジラの天敵ともいえる大怪獣で、平成VSシリーズのラスボスです。

「オキシジェン・デストロイヤー・レイ」はゴジラの皮膚を溶かす一撃必殺の最強光線。

 

かつてゴジラを殺した兵器が最悪の怪獣となって再びゴジラに牙をむくという、悪夢のような超獣です。

しかも、ほぼ不死身という驚異の特性を持っています。

人間大の大きさに分裂、巨大な姿に合体を繰り返すうえ、核エネルギーを吸収して更に成長。

リトルゴジラが成長したゴジラの息子、ゴジラジュニアを倒したあと、怒りに燃えたメルトダウン寸前のゴジラと激突しました。

その悪魔のような風貌に違えない強さ、生物の域を超えた再生能力、恐るべき耐久力、そして無感情という間違いなく歴代怪獣の中でも最強の敵ですが、必殺のオキシジェン・デストロイヤー・レイすら無力化するバーニングゴジラの度を超した強さの前には無力でした。

歴代最強と名高いバーニングゴジラ化していなれば、ゴジラを倒していた可能性はかなり高かったでしょう。

 

 

1位 スペースゴジラ

ゴジラ単体では絶対に勝ち目のなかった最強怪獣

G細胞が宇宙生物と合体し出来た宇宙怪獣。

つまりゴジラとは兄弟みたいなもんなのですが、スペックはゴジラを遥かに上回ります。単体での宇宙航空、大気圏突入、テレキシキネスを操り、全怪獣の中でも間違いなく最強の能力を誇る怪獣です。

両肩の結晶体を破壊されない限りは、フィールド化させた結晶から恒久的にエネルギーが補充されるので倒すことがほぼ不可能という、異常なまでのタフネスぶりも脅威です。

 

劇中では、ゴジラ単体では全く歯が立たなかったところを、Gフォースの『MOGERA(モゲラ)』と協力し、バーンスパイラル熱線を放ちようやく倒すことが出来ました。

この怪獣とタイマンでまともに立ちあえるのは、細胞ごと焼き払うインフィニット熱線を連発するバーニングゴジラくらいでしょう。

 

まとめ

どの怪獣も本当に魅力的ですね。

特に私は、デストロイアが好きかな。

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。