【ゴジラ】ゴジラシリーズ最強怪獣ランキングBest10【強敵】

子供の頃観た『ゴジラファイナルウォーズ』から15年。

このままフェードアウトしてしまうかと思われた日本特撮最大のスター・ゴジラも、2016年公開の『シン・ゴジラ』、更にはハリウッド版『GODZILA』によって一気に日本人の心に怪獣王が戻ってきましたよね!!

そんな日本が誇る特撮大スター・ゴジラの強敵、ライバル怪獣のランキングです。

ただし、筆者の主観がだいぶ含まれておりますのでご了承ください。

 

10位 ガイガン

全身凶器の宇宙サイボーグ怪獣

『ゴジラ対ガイガン』にて初登場。

手はカマ、腹にはチェーンソー、口は鋭いクチバシと、まさに全身凶器の宇宙怪獣。デザインが神ですね。

X星人の手先として大暴れ。強力な戦闘力を誇りますが、どことなく2番手感が漂います。『ゴジラ対ガイガン』ではM宇宙ハンター星雲人の手先として現れます。

『ゴジラ ファイナルウォーズ』では、改造ガイガンが登場。ブラッシュアップされたスマートな怪獣として復活を遂げました。登場回数は多くないのですが、造形が素晴らしく人気怪獣の1体です。

9位 キングコング

世界で一番有名なモンスター

『キングコング対ゴジラ』にて、夢の競演。

この作品でのキングコングは最初は全くゴジラに歯が立たないものの、帯電体質になっていたことによって、雷を身体に受けてパワーアップ。体からも電撃を放ち、ゴジラと互角以上の戦いを展開しました。

それにしてもゴジラとコング、日本とアメリカのスター怪獣のバトルを実現させてしまう円谷もすごい。

ハリウッドの大スター怪獣ですが、2021年にはモンスターバース作品である「ゴジラ対コング」が大ヒット!『モンスターバース』シリーズから今後も目が離せませんね。

8位 ビオランテ

G細胞で進化した怪獣植物

『ゴジラVSビオランテ』で登場。

平成ゴジラシリーズ最初の敵。

ゴジラ細胞(G細胞)によって進化した植物の敵です。

怪獣体に進化すると、ゴジラ以上の体躯を誇る強大な怪獣です。植物ゆえに火に弱いのが弱点か。G細胞の怪物の名の通り、強大な敵でファンからの人気も高い名怪獣。

劇中でビオランテが激走するシーンは、映画史に残る屈指の名場面です。日本の特撮技術は凄い!

7位 ヘドラ

公害が生み出した最悪の怪獣

『ゴジラ対ヘドラ』にて登場。

倒すには乾燥させるしかない、シリーズ屈指の強敵にして、異色の怪獣です。

ゴジラの肌を溶かすほどの猛毒を持っており、当時社会問題だった公害から生まれました。

眼からはビームを放ち、硫酸ミストと呼ばれる猛毒をまき散らし、人間も家畜もすべてを溶かしてしまいます。乾燥には弱いです。

ヘドロなどの汚れがあればすぐに再生するため、実質不死身。カルト的人気を誇る、恐ろしい怪獣です。ゴジラのゲーム作品では、不死性と増殖する恐ろしい怪物として描かれています。高度経済成長期だからこその怪獣ともいえますよね。

とはいえ、『ゴジラ対へドラ』は賛否両論のある作品としても知られています。それにしても、この怪獣はサブカルオタクたちには本当に人気がありますね。この造形が本当に素晴らしい。

6位 メカゴジラ

対ゴジラの最終兵器

大人気メカゴジラ。

その人気ぶりから、何度もリメイクされた怪獣として知られています。

昭和のメカゴジラは宇宙人の侵略兵器としてゴジラと戦いました。平成のメカゴジラは、大体の場合人類のスーパーロボットとして登場しています。

上の画像は、一番上が昭和版の初代メカゴジラ、2番目が平成VS版のメカゴジラ、3番目がミレニアムシリーズの『三式機龍』です。どれもデザインが非常に秀逸であり、特に三式機龍はまさにスーパーロボットですよね。全シリーズに共通して言えるのが、全身兵器と言えるほど武装が多くあり、超火力を誇るということです。

▶次ページへ続く

13 Comments

アバター 匿名

スペースゴジラは
バーニングゴジラの熱線で
瞬殺されそうだから
デストロイヤーのが強いよ

返信する
tettunn tettunn

コメントありがとうございます。
確かにそうですねww
回復も間に合わずにバーンスパイラル熱戦なら、クリスタルごとすべてを焼き尽くしそうですね。
モゲラとの2対一を退けたので1位に置いたのですが、ここは諸説ありそうですねえ

返信する
アバター タッツー

バーニングゴジラと戦ったデストロイヤーだし、耐久面でもデストロイヤーの方が強いと思います。

返信する
アバター 匿名

スペースゴジラのフォトン・リアクティブ・シールドの強度によるんじゃね?
描写的にこの技の乱発は厳しそうだけど瞬殺は早計過ぎだな。
1対1ならスペースゴジラも戦い方を変えてくるだろうし。
スペースゴジラvsデストロイアはかなり接戦で面白そう。

返信する
tettunn tettunn

コメントありがとうございます。
そうですね。ゴジラアイランドでその対決は見てみたかったですね。
バーニングゴジラの熱線は周りの結晶体をすべて粉砕しながらシールドも貫通しそうです。

返信する
アバター タッツー

バーニングゴジラの赤熱線は半端じゃないからなぁ。さすがのスペースゴジラも耐えきれないと思います。

返信する
アバター タッツー

バーニングゴジラの赤熱線は半端じゃないからなぁ。さすがのスペースゴジラも耐えきれないと思います。

返信する
tettunn tettunn

コメントありがとうございます。
インフィニット熱線は本当におかしいですよね。バーニングゴジラにはどの怪獣も太刀打ちできないと思います。

返信する
アバター 匿名

有機物である限り
ミクロオキシゲンで原子結合を破壊されたら物体としての原形を留められない
この現実をそのまま反映しちゃうと

バニゴジみたいに即時超修復能力がないと基本デストロイアの攻撃はワンパンになっちゃうから
大前提デストロイアの攻撃には一発でも当たったら終わりって考えると

モゲラの特攻程度で怯んだスペゴジが
通常バニゴジと互角クラスのデストロイアの攻撃を完璧に防げる気がしないし

逆にデストロイアにダメージを与えれた攻撃がバニゴジの熱線、しかもあのインフィニット熱線に数発耐えたって考えると
スペゴジの攻撃で死ぬ姿が思い浮かばないかなぁ
宇宙に運んで凍らせますとかでも、それまでに反撃されたら詰むし
難しいんじゃないかな。

返信する
tettunn tettunn

コメントありがとうございます。
たしかにそうですね。耐久力という面で難しいですねー

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。