じゃあ逆に『文豪ストレイドッグス』の素晴らしさをこれでもかというほど紹介する!

なんか最近やたらこの記事にアクセスが集まると思ったら

www.tettunn.com

f:id:tettunn:20161218220738p:plain

↑検索エンジンの一番上に表示されるようになっていましたとさ。

うーん、ネガティブなことばっかり目立つなこのブログな。

さらに、今日この記事のコメントがプチ炎上したので上記記事は加筆修正いたしました。多くの人に読まれるほど自分のクビが締まってくってこれもうわかんねえな

一応言い訳をしておきますと、上記記事では文豪ストレイドッグスについて親の仇のようにキレ散らかしておりますが、これはそういう芸風です。敢えてこうしているまでですので悪しからず…とでも言いましょうかね。

まあ、そりゃあファンにとっては自分の好きなものをあそこまでこき下ろされちゃあたまったもんじゃないよね。わかるわかるわー(棒)

特に中高生ファンが多いでしょうからね。私も女子中高生に嫌われてたくないので、この記事はある種の逃げ道として書きます。

文豪ストレイドッグスの評価点

まず最初に言っておきますが、作品にはいいところもあれば悪いところもある、これは当然の話であって、前記事に於いては特に悪評価点を強調したかったからいいところを書かなかっただけです。単なる作品批評ならば両方書きますが、私はあの作品を好きではないという思いの丈だけ伝えたかったので。まあまずこれが反省点ですかね。あれでは単なるアンチ記事ですから。

というわけで、『文豪ストレイドッグス』の素晴らしいところを紹介していきたいと思います!

文豪たちが再び脚光を浴びる

f:id:tettunn:20161218223036j:plain

私は文学が好きです。しかしながら、周りに文学スキーな人は本当に数えられるくらいしかいませんでした。特に今の子供たちはスマホやゲームという娯楽がありますから、本なんて手に取る機会すらそうそうないでしょう。なればこそ、今の現役中高生たちにとってみれば、文豪?なんじゃそりゃって感じでしょう。

しかしながら、この漫画のお陰で文豪たちが再び陽の目を見ることになります。

夏目漱石や芥川龍之介など名前だけは知ってた、ってパターンは多いでしょう。この漫画がキッカケで文学少年や文学少女に目覚めるってことが増えるのかもしれないのです!ああ、それはとても素晴らしいことだ!!

付加価値をつけるということ

大衆は所詮本質など好みません。必要なのは付加価値です。このブックカバーがあるだけであら不思議。どや?なんだか欲しくなってくるだろう?どうせ著作権フリーで無料で読めるのn…おっと。

というわけで、 ぶっちゃけこの事実が私にとっての全てです。

f:id:tettunn:20161116223144p:plain

 

ちなみにこちらが梶井基次郎の写真。

f:id:tettunn:20161130235212j:plain

どっちかといえば新選組・近藤勲だろ感が半端ない。

だけど実際は物凄い繊細な人なのです。「桜の木の下には死体が埋まっている」のフレーズで有名な『桜の木の下には』の著者です。

関連記事:【瀧と三葉は結ばれぬ!】櫻の樹の下には……。『君の名は。』のモヤモヤ感は、デカダンスの背徳的心理で昇華できる

せめて、もう少し文豪たちの性質を反映させてほしかったなあ…とは思いますけどね。でもここから興味を持ってくれるということに比べたら些末なことなのです。

文豪たちも、名前を忘れ去られていくよりはどんな形であれ世にまた出ずるほうが嬉しい筈でしょう。

絵がうまい

腐向けにきっちり調整していますね!よっ、流石KADOKAWA!商売上手!

f:id:tettunn:20161218224513j:plain

 

ストーリーが分かりやすく、とっつきやすい

「売れるもの」を作ろうとしたときに、「王道」は外せない要素の一つですね。

特に若年層向けならなおさら。「文豪」というテーマを敢えて厳格で難解なものにせず、とにかくキャラクター性だけを前に出していく。チープといえばそれまでですが、しかしわかりやすく親しみやすい。文豪のことを何も知らない若年層ファンにとっては丁度いい塩梅なのやもしれません。

販売戦略が豊富

電通が有能なのか、はたまた角川のゴリ押しの賜物なのか、とにかく猛プッシュもあってかグッズがいっぱい出ています。

…正直、出来がいいものが多い。この作品を嫌いって公言している私も欲しくなりますね。文豪たち(本物)は大好きだからね。仕方ないね

 まとめ

・この作品を通じて実際に文豪たちの書いた作品に興味を持ってくれると嬉しいな!

・ブヒれる

・グッズが多くていい感じ!

・梶井基次郎のチン〇頭だけは許さない

そんな感じです。

スポンサーリンク

実際に読んでみよう

というわけで、『文豪ストレイドッグス』ファンだけれども非実在のキャラクターたちにしか興味がないっていう画面の前の貴方、そう言わずに実在した文豪たちの作品を読んでみてください。文豪たちへの理解も深まるし、なにより読書は自分の可能性を広めてくれる!これは本当です。

関連記事:【私は読書に恋してる】素晴らしい文学に出会った瞬間の快感は射精にも勝る 

豪たちの作品は、大体が「著作者の死後50年が経過しているため著作権フリーです。つまり青空文庫で無料で読めちゃうってことです!

青空文庫 Aozora Bunko

あと、青空文庫はアプリもあるのでスマホやアイフォンからでも読めちゃいます!

しかし、私のオススメはkindleで読むことです。やはり、kindleは読書専用に特化されてるだけあって、滅茶苦茶読みやすい。なにより、著作権フリーの作品はそのまま無料でダウンロードするだけですぐ読める!これで貴方も読書家です。

オススメの作品についてはあとでまとめます。

ちなみに、kindleについては無料アプリもあります。これを青空文庫代わりに導入してもいいかもしれない。

結論

あとなんか最新巻読んだら普通に面白くなってたわ。

ドストエフスキーってやっぱすげえわ(学生諸君はドストエフスキーだけはマジで読んだほうがいいよ)。

関連記事:『ナニワ金融道』の作者、青木雄二の『役立つ読書法』 論

そんな漫画です。

終わり

あと中高生諸君は現国の授業で『城之崎にて』や『エリス』『山月記』などを習うであろうから、そういう機会を活用すべし。ただ、くれぐれも教科書にキャラクターの落書きをするんじゃないぞ。特に腐女子の諸君!

69 Comments

tettunn

ゴブリンさん
でもやっぱり、文豪ファンとしては違和感があるんだよなあ…
やるせないようなこの気持ち

返信する
tettunn

ゴブリンさん
でもやっぱり、文豪ファンとしては違和感があるんだよなあ…
やるせないようなこの気持ち

返信する
x-goblin

たしかに。その点はわかります!この作品見て『人間失格』呼んだニワカだけど、太宰治と葉臓がぜんぜん、ちがってました!!それ以外はわからないけど、、、そういう要素他にもあったとヤフー知恵袋でみました!

返信する
永遠の永井荷風先生のファン

二年以上前のコメントですが自己満足で返信させていただきます。
太宰治の性格はかなり作り込まれていると思います。太宰治について知りたいと思ったら、坂口安吾先生の「不良少年とキリスト」などがおすすめですよ。

返信する
名無し

前の文スト批判ブログにてさんざん批判コメントを投稿していたものです、どうも。
うん、前のブログも加筆修正加わってたね、このブログのリンクものってたし、こういうブログはちょっと批判もおもしろくいれてて好きですよ、前のブログより楽しくよめててて良いと思います。こんなのばっかりだと良いんだけどw

返信する
tettunn

ゴブリンさん
しかし、やっぱりこの作品から太宰や芥川に興味を持つってのは素晴らしいことですね。
是非、梶井の「桜の木の下には」も読んでみてください。あれは情緒的ですごいですよ。凄く短くて3分くらいで読めますし。

返信する
tettunn

名無しさん
同じブログ内の「記事」ですね。
物事にはいい側面と悪い側面があるってことです。
私は文ストは好きでは無いですけれども、嫌いな人には嫌いな人なりの理由が、好きな人には好きな人なりの理由が、それぞれ両面ある。それだけは伝えたかった。

返信する
織田咲楽

おはようございます。記事を読ませて頂きました。
思うに誠愚さんは、朝霧先生のファンなんですね。それで好きな作家さんが、自分と合わない作品書いたのが嫌なんだろうと思います。ぜひとも、朝霧先生の次回作またはこれからの作品に注目してあげて下さい。あなたのような方がファンな方が朝霧先生も喜ばれているはずです。
文ストは不思議な作品です。私は逆に編集者さんを凄いと感じています。朝霧先生と春河先生を組ませたことのいきさつとか詳しく聞きたいです。また、編集者さんと角川さんの依頼を朝霧先生はプロとして形にされていて、依頼者のニーズに答えた素晴らしい仕事ぶりだと思います。文ストファンの私からすれば文ストは漫画、アニメ、小説、それぞれが別個でありながら素晴らしい相互関係です。有難く尊いです。3つの世界から、そしてその三位一体から沢山の感動と感謝と生きる力を貰いました。
しかし、誠愚さんの観念と世界観からの視点からみたら、こんな感想は異世界の異物でしょうが。
長々と書いてしまいました。ごめんなさい。

返信する
にんずみ

はじめまして!
私は文スト小説の方が好きです、特に太宰治の黒の時代。
漫画とアニメはちょっと微妙な気分それわかります。
私も最初文スト中の芥川と太宰の関係性三次元逆さまでびっくりしました。
もしよっかたら、小説の方お読み頂ければ幸いです!普通に面白いですよ。
(私は外国人です、もし変な日本語打ったらすみませんでした)

返信する
tettunn

>>織田咲楽さん
こんばんわ。
返信遅くなり申し訳ありません。
素晴らしい意見だと思います。
私はまことカスの極みのような人間なので、他人の意見は右から左が多いのですが、説得力がある言葉にはどうしても耳を傾けてしまいますね!!!
議論好きというのはあるのだけれども。
よろしければ、是非また幣ブログにお立ち寄りください。最近記事に何書けばいいのかわからなくなりつつあるのでアドバイスもください。
テヘペロス

返信する
tettunn

>>にんずみさん
はじめまして。
こんなカスみたいなブログが異文化交流、ひいては国際交流の舞台となっていたことに驚嘆の念を感じ得ません。
日本語お上手ですよ!そこらの日本人より上手いです。
最近のネットの日本人は日本語に不自由してる人も多々見られますからね。
貴重な意見ありがとうございました。

返信する
通りすがり

文ストについて検索していたら目に留まりましたので朝霧先生が嫌いな理由と合わせて読ませていただきました
最初はただの文ストアンチのブログかと思っていましたが、良いところは良いと誉められていてただ文豪が好きな文ストアンチではないんだなと思いました
私が見てきた文ストアンチの方は皆一様に文豪に失礼だ、こんなの読む価値がないなどとそればかりだったので何か新鮮でした
私自身この作品がきっかけでアニメイラスト表紙のではありますが本を何冊か買いました
活字が苦手なので読みきってはいないのですが、今まで触れてこなかった素敵な作品に出会うきっかけを作ってくれた文豪ストレイドッグスという作品に感謝しています
誠愚さんも一つでも多く文ストのいいところを知っていただけたらと、一人のファンとして願っています
長々と失礼しました

返信する
たかし

僕も梶井基次郎が好きです。梶井基次郎は晴れた日に電車に揺られながら読むのが最高に好きです。一個一個、分からない言葉の意味や物を調べながら読んでるので中々読みきれません。あと、僕は阿呆なので文を理解するのが遅くて、早く読めません。もっと色んな文豪の作品を読みたいのに。。。
どうしたら、もっと早く読めるようになるんでしょうか。
檸檬爆弾はないだろと心底思いました笑
文ストは1巻だけ読みましたが、文豪を腐らせてもいいからとりあえずもうちっと構想を練ってくれよと思いました。
もしもお暇でしたら、僕の小説とも何とも言えない何かを読んでほしいです。(以下
 二十歳になります。僕は、もうじき二十歳になるのです。
 乾いた暑さがまだ心地よく感じる、生い茂る木々が快晴であることもお構いなく青々と爛々に佇む、そんな季節に僕は生まれてきました。
 うだるような灼熱地獄の中で見えてくる陽炎の中に一人身を潜めても、息は上がってく一方です。僕は、この感覚は嫌いではありませんが、時に苦しくはあります。だからと言って、自らの意思でここから抜け出したいとは思いません。むしろ、とどまっていたいのです。恐らくですが、この灼熱地獄の中を這いずり回っても、火照った体にやさしい場所など、どこにもないのだと僕は思います。
 哀しみと切なさは、冷え切ったサイダーと化して、そんな僕の心に沁みわたります。痛みと心地よさで胸がいっぱいです。僕はこの瞬間がなんとも言えないくらい大好きです。
 結論、何が言いたいかと言いますと、僕はこういう人間なのです。こんな人間なのです。二十歳になることに対して、僕は恐怖を抱いています。それは単なる世間一般に大人として認知されるからということではありません。いや、これは建前かもしれませんね。ですが、僕はそれ以上に大きな恐怖があるのです。というのも、社会統合の中に見を置く僕と灼熱地獄に身を潜める僕とで、少しずつ、少しずつ、分離し始めてきているからなのです。それは二十歳に近づくにつれ、一歩ずつ、一歩ずつ、僕の背中に歩み寄ってきます。そんな背中を伝う汗は、ひんやりと冷たく、そしてどことなく甘い気がします。
 夏が来ます。夏が、もうじき来てしまうのです。
                      了
自己顕示欲爆発してすいません。
梶井基次郎が好きな人に読んでもらいたかったので書いてしまいました。

返信する
tettunn

通りすがりさん
そうですね
まあ、アンチ記事といえばまあそうですけど、ただ残念ってだけだったんですよ
それだけなんです

返信する
tettunn

たかしさん
>>一個一個、分からない言葉の意味や物を調べながら読んでるので中々読みきれません。
素晴らしい、とても素晴らしいですね。
ただ内容もわからず速読するよりも、気付きのメタファーによる快感を感じながらゆっくりと味わうように読むのが最高です。
読書はセックスと似ています。ダイレクトではないですけでね。
小説、素晴らしいですね。
思春期の甘酸っぱさ、爽やかさがサイダーに込められている。メタファーになっているんですね。
三島由紀夫に通ずるものもある気がします。
よかったらまたコメントください。

返信する
匿名

細かい所ですが女オタク=腐女子となっているのがモヤモヤします…
BL好きな女=腐女子ですので。

返信する
宮ー

実際文ストや、それ以外の元ネタが文豪の作品等を通して
現中高生の文学に対する興味は近年増えているように
思います。商業価値を出しつつ上手く作品やアニメ化などに回せる器用さも興味深いものだと思えますね。
私的には戦国ギャルゲーの類いの物などより断然
元ネタに興味を唆る様な作品が増えて行って欲しいです。
好みが分かれる作品であると思いますがその度に
元ネタ文豪の知識をさらけ出して討論するアンチの方々やファンの聖地巡礼の類いもどの道文豪に対しての愛があるからこそ出来た行動だと思います。
長文失礼しました。これからも活動頑張って下さい。

返信する
通りすがりのJK

すみません、あの、腐女子というのは、BLが好きな女子のことであって、女性のオタクや、その作品が好きな人たちのことを指す言葉ではないと思います…

返信する
なんとも

今ごろコメント失礼します。ちょっと嫌なことがあったので心の安寧のためにこの作品をクッソつまらんと思ってる記事(つまり同意を得たかったw)を探してたどり着いて、やっぱりね~と思ったあとに、いいとことはなんぞや?とこっちも見てみたのですが、
まんま漫画やアニメのクソな実写化のいいとこ探しと同じでびっくりしました。
ま、そうなるわな。逆にこっちの方が批判記事に適してるかもですね。
好みは人それぞれなので好きな人は好きでいていいけど、好きな人にとってのいいとこはどこなのか気になります。

返信する
空蝉

そういうことだけ言ってろばーか
お前が梶井の何を知ってるんだか知らないけど結果として愛されてるのはお前のクソブログではなくカフカ先生の素晴らしい作品なんだよ身の丈わきまえろばーかw
お前は無意識のうちに能ある者への嫉妬で批判の記事を書いて一部の同じような意見を持つ小さな塊からの支持を得ようとしてるんだ。その事で、能あるものへの劣等感を癒そうとしてる。そしてこういう自分に反発するようなコメントを笑いながら見ることで「冷静な自分かっこいい〜w」みたいな澄ました態度を取り、自尊心を保とうとしている。なんとも憐れ。第一カフカ先生を批判するなら、お前が文豪の実話に基づいて売れる作品でもかけっつーんだよw一切の誇張なしでwできねぇだろ?才能のない奴は指くわえて黙って見てろってんだよばあーかw

返信する
UK

かっこいい言葉を使おうとして空回りしているあたり
”憐れ”だね。なんかいかにもな感じでコメントしてるけど
口調はよろしくないし悪口のボキャブラリーも少なすぎ。そんな書き方している時点でなんというかあれだね、
おつむがあまり良くないのかな?って感じ。
そんなに批判するなら書いてみろっていうのとか定番ですよねー、なんでそんなふうに話が飛ぶのかなw
クソブログっていうならここまでのブログ作れんのかよっていうブーメランね。
それに表現の自由にもあるように、何を言おうが個人の勝手、もちろんあなたも私も。
と、いうか作品を好きなこと自体は別にいいけど
仮にもファンであるならもうちょっと考えてものを発言したらいかが?文章がバカ丸出しで文ストのファンってこんなんばっかなのかーとか思われちゃうよ?
あとごめんね、能ある者とか腹抱えて笑った。

返信する

文豪ストレイドッグス好きなんですけど、ここで中高生が中身のない煽りをしてるところ見ると、すみません連れて帰りますって思っちゃう

返信する

文スト内容は置いておいて、設定は非常に凝ってると思うのです。
文豪ファンでしたら思わず手に取りたくなり、人物像が事実と乖離していても過去に生きていた文豪の魅力で読みたくなりますから。
それにしたって芥川を太宰に惚れさせ、森鴎外をエリス贔屓の腕のたつ医者にしたり、あの無頼の坂口安吾を軍警のメンターに据えたりとちょっと酷いと思います。
せめて名前を一文字変えるなりしてくれるならまだ納得できるのですが。

返信する
夕鈴

上の方に賛成です なんか阪口安吾さんが悪者みたいになってなんか不愉快です

返信する
凡人

1つ意見ですが。
最後の「特に腐女子の」のところ。
完全に腐女子への偏見にしか見えません。
確かにそういうことをする人も多いですが、しない人もたくさんいます。
腐女子、とひとまとめにする言い方はやめてもらいたい。
まあ、ネタっぽいところだったんで別にそこまでではないんですが。
ちょっと気になっただけですので、何なら読み飛ばしてもらって結構です。

返信する

どうも、文ストを生きる糧にしている中1です(謎の自己紹介)
いや、あんまり誉めてないですよねこれwww

まあ好きも嫌いも人それぞれだからとやかくは言いませんが、貴方は本当に文豪の梶井基次郎さんが好きなんですね。

というか前回のアンチブログも見ました。
すっっっごくムカつきましたけど、コメント紹介のとこ見て普通に笑いましたw

文ストに出会う前の私は…まぁ病んでたんだろうな。恐らく、あのまま文ストと出会っていなかったら私は此の世に居なかっただろうなと思います。
何もかも投げだしてしまおう、と思っていたときに文ストに出会ったんです。

それをあんなふうに言われるのはとてもイラついたし、悲しくなりました。でも、どうにか文ストの魅力に気づいて好きにはならずとも「まぁいいかな」程度に思ってくれたらとても嬉しいです。

長々とすみませんでした。

返信する
無名

設定生かしきれてないし、文豪の名前借りなくてもいいやんとしかいいようがない作品でした

そもそも、法華経を広めたがっていた宮沢賢治は児童書を書きたくて書いてたわけじゃないのに、まさかの安直な発想でショタとかほんとありえないです…文学を馬鹿にしてる

だいたい生身の人間ですよ?その名前を借りてるキャラに対してbl妄想する腐女子ばっかで反吐が出ます
付喪神とか適当な設定にしてくれた方がマシでした…

返信する
ぺぺ子

はじめましてこんにちは。まず、いくら批判記事書こうとJKには嫌われていないので安心してください。記事とは関係ないのですが、梶井基次郎が新選組の近藤勲に似ているというお話ですけども、史実の新選組局長は勲ではなく近藤勇っスね。近藤勲は銀魂の登場人物です。

返信する
永遠の永井荷風先生のファン

ゴブリンさん
二年以上前のコメントですが自己満足で返信させていただきます。
太宰治の性格はかなり作り込まれていると思います。太宰治について知りたいと思ったら、坂口安吾先生の「不良少年とキリスト」などがおすすめですよ。

返信する
匿名

文ストについてですがファンの方々がこれをきっかけに文豪とかその小説とかに興味を持っていただき文豪や作品について調べたり読んだりしてくれればいいと思いますがそうじゃない人達もいるようで 中には「文ストのNさんが好きなだけで文豪のNさんは興味ないので小説は読みたくない」とか小説買っても「絵がきれいだし読む気は全然ない 飾る為に買った」という人達もいてとても不愉快です この作品は文豪の名前や作品名を使ってでもやる必要があったかとも思っています せめて銀魂みたいに一字ずつでも変えてくれればよかったのに

返信する
げろ

学校の司書さんが図書室に文ストコーナー設けると言って基次郎の本と顔写と文ストの基次郎の絵とを並べて置いてて草生えた思い出がある。私も、見ろこのゴリ顔を!!見ろ!!って気持ちでいっぱいだったから楽しかったなぁ。
正直、文ストなんか無くても良い作品はいつまでも残るから、文ストを通さないと文学の良さがわからない程度の人たちは一生ラノベでも読んでてほしい。俺妹とかを文学と勘違いしててどうぞ。

返信する
通りすがりの理系の学生

はっきり言ってあなたのコメントは不愉快です
それにとっても下品
教養の無さがわかりますよ
下の方がおっしゃる通り実在した作家の先生をバカにして喜んでいるようにも見えます
面白がっているの見え見えです
あなたは文ストを嫌いと言ってけなしていながら史実の先生たちまで貶しているようにしか見えませんけど

返信する
無名の学生より

上の人は げろ に対する返信 納得
自分も文ストは嫌い それには同意するが
友人に文ストから入り今では文豪作品に嵌ったやつがいる
今では文ストは好きではなくなった 興味はないと言っている
この友人は現在 旧帝大に通っているが げろからするとレベルの低いやつという事だよな

もうひとつのコメントも見たが頭のレベルが知れるぜ
それに上の人の言う通り お前 梶井先生をバカにしてるのか
とりあえず梶井先生と先生のファンの人達に土下座しろや

返信する
匿名

皮肉たっぷりで草
褒めているようで急所を指してる
主は暗殺者かな

とりあえず腐った脳汁垂れ流しミーハー女共には何も伝わってなさそうで何より
オサレ()漫画で満足するような輩はおつむが緩くて面白いな、大人の良いオモチャだ

返信する
その辺の女子中学生

その辺の女子中学生です。
私は、普通の文豪と文ストのファンを両立しています。小学生の頃から文豪が好きで、最近文ストに出会い、どハマりしました。ただ、どうしても同一人物と捉えることが出来ず全くの別人として読んでいます。アンチ?の方のブログも拝見させていただきました。最初は「否定ばっかりで腹が立つ。」と思っていましたが、梶井基次郎の表現の仕方があまりにも秀逸すぎてつい吹き出してしまいました。否定の文章だってしっかりと筋が通っているし、アンチコメントについても隠さず、逆に面白いと思えるようにできているのが凄いと思います。これからもブログの更新を楽しみにしています。アンチに負けず頑張ってくださいね! 上から目線になってしまい申し訳ありません。

返信する
ゆうこ

12月17日投稿のげろさん あんたは梶井さん(本人)をバカにしているんですか 私は梶井先生の作品が好きなのでとても不愉快です 確かに文ストなんか無くてもいい作品はいいですよ
ただ文豪作品の中にも?なところもあります
ちなみに文スト読んだ事はありますがどうも馴染めません
あんた文豪作品も含め色々と本を読んだ事ないでしょう

あんたこそ俺妹とかいう程度の低いラノベでも読んでたらいかがですか
あんたの頭の程度そっくりですよ

返信する
無名の学生より

某国立大学文学部の学生です
前の方が梶井先生の件で怒っていらっしゃるみたいですが気持ちは解ります 梶井先生のファンからしてみれば先生の写真と文ストの梶井基次郎の絵が比較されてると思っただけで不愉快なのに面白いなんて言われたら侮辱されたみたいに感じるのでしょう
でも文ストが好きな人と嫌いな人がいるように文豪ファンの人達の中にも好きな先生と嫌いな先生がいてもおかしくないと思いますけど
おそらくげろさんという人は梶井先生があまり好きじゃないんじゃないですか
ただラノベの中にも面白い小説はありますよ
たしかに低レベルの小説がある事もいさめませんが
さて文ストですが友人の薦めで読んだ事がありますが読み進んでいくうちに面白みがなくなっていきましたね
特定のキャラばかり浮きだってパターンも同じ
もっと推理をひねったり話を練りこめば面白くなるのにと思いましたけど
これじゃあ作品をムダにしているようなものですよ
ただキャラデザだけはいいのでキャラ目当てに見ている人が多いのかもしれませんね

返信する

突然のコメントすみません。
私は元々活字が苦手で嫌いで本とは全く触れ合わずに暮らしていたのですが、文ストをきっかけに色々な小説や昔の詩集を読むようになりました。新しい言葉を知る度に自分の知識が養われていく感じがして楽しく、周りの大人に文学少女と呼ばれた時には少し嬉しかったのを覚えています。
このように、私も文ストのおかげで昔の文豪を知ることができた一人です。
正直、アンチ記事を読んだ時は腹立たしかったです。けれど、しっかりと筋の通った文で物事を否定していて、史実の文豪に対する敬意を感じました。私が見てきたほかのアンチさんとは違う感じがしました。私はまだまだ未熟です。これからも沢山の文学に触れていきたいと思っています。それで沢山成長することが出来れば、私もアンチ記事と同じ見方になっているのかなと思いました。(それは怖いですが、少し楽しみです。)
ここまで長く書いてきて自分でも何が言いたいのかよく分かりません。笑

返信する
確かに中高生多いですね

中2としましてもアンチに全力で煽りに行く同い年は少し恥ずかしいです。 愚誠さんのブログ最初はなんだコイツだったんですが、梶井の表現で不覚にも吹いてしまいました。もちろん文ストのキャラの梶井が嫌いな訳ではありません。文ストファンとしてもイラッと来るところもありますが面白いブログでした。ただ今回は褒めてると言いつつ全力でファン側を貶しに行っていてオゥとなりました。文ストファンは少し過激な中高生が多く恥ずかしい反論も多かったですが確かに正論が多いです。私はそれでも文ストが好きですが あと作者様のブログを見て題名的に難しそうだと避けていた罪と罰を読もうかなと思いました。

返信する
文豪(主に太宰治)の聖地巡りを趣味としている者

文豪と文ストが大好きな者です。
()
これで褒めていると思ってるのが不思議。
腐女子向けにしてあるやら、梶井の頭がちん○だとか、個人的にはすごく不愉快でした。
しかも、最新巻読んだら普通に面白くなってた、っていうのは、やっぱり全部を目を通して読んでないって事ですよね?
全部読んだ人がこういう記事を書くのは全然いいけど、あんまり読んでない人にこの作品の事を語られて、全然褒めてないし、
ファンからしたらすごく不愉快です。
梶井くんは作品の中で凄くカッコイイし、何より見て頂ければ分かりますが、とても愛せる可愛らしいキャラクターですよ。梶井基次郎さんが好きなら是非読んであげて下さい。
あと、思ってもいないことは、かかないでください。
逆にとても嫌な気持ちになりました。
それだったら、無い方がマシだと思うし、前の記事だけで結構です。

長文失礼しました。

返信する
文豪(主に太宰治)の聖地巡りを趣味としている者

文豪と文ストが大好きな者です。
()
これで褒めていると思ってるのが不思議。
腐女子向けにしてあるやら、梶井の頭がちん○だとか、個人的にはすごく不愉快でした。
しかも、最新巻読んだら普通に面白くなってた、っていうのは、やっぱり全部を目を通して読んでないって事ですよね?
全部読んだ人がこういう記事を書くのは全然いいけど、あんまり読んでない人にこの作品の事を語られて、全然褒めてないし、
ファンからしたらすごく不愉快です。
梶井くんは作品の中で凄くカッコイイし、何より見て頂ければ分かりますが、とても愛せる可愛らしいキャラクターですよ。梶井基次郎さんが好きなら是非読んであげて下さい。
あと、思ってもいないことは、かかないでください。
逆にとても嫌な気持ちになりました。
それだったら、無い方がマシだと思うし、前の記事だけで結構です。

長文失礼しました。

返信する
匿名係

正直ファンにとっては、クッソ嫌いな理由記事より腹が立つんじゃないですかこの記事www
たぶん。

チ○コ頭は流石に酷いんじゃないかとおもうの

返信する
匿名

若干腐女子に偏見を持ってませんかw

ただ、確かに一般(腐女子)受けしそうなキャラデザですよね…鏡花ちゃんとか…黒髪ぱっつん

返信する
通りすがりにして燃えた人

褒めてる記事でも文スト嫌いなことがキッチリわかった笑笑

返信する
\(^o^)/オワタ

文ストアンチ記事でもコメントさせていただいた者です。
ごめんなさい。この記事にあまり関係はないのですが、梶井基次郎の写真のところに「新撰組・近藤勲」っぽい みたいなことを書かれていますが、史実上は「近藤”勇”」ですよ??「近藤”勲”」ではないです。近藤勲は銀魂の登場人物ですよ。

単なる変換ミスだったら本当に申し訳ないのですが、出来ればその部分の修正をお願い致します。
他の方もコメントしていたらごめんなさい

返信する
そこらへんの中学生

要するに文ストのストーリーや絵は好きだけど、キャラが元の文豪とかなり変わっているのがいやってことですか?なら文豪とアルケミストでもしたらどうです?
面白くするためには少しぐらい史実と変えなきゃいけないと思いますし
それに朝霧さんは文豪についてちゃんと勉強なさってますよ。綾辻行人さんのアナザーでも解説をしています。

返信する
匿名

「腐向け」って結局バカにしてるじゃないですか?
別にそういう目で見ていない人もいますよ。
なんなんですかね、そのイケメンの男性キャラクター=腐向けっていう考え。
そもそも、こういうのはファンが勝手にBL妄想して楽しんでいるいるだけで、最初から腐女子を狙っているわけじゃないですし。

返信する
くうはく

前回と今回の両方の記事を見させていただきました。
私は文ストの夢野久作が好きなのですが、あなたの記事を見て今日、「黒」と言ういろんな文豪の方の作品が載っているシリーズ本を借りて見ました。
私はラノベばっか読んでいたもので、難しい読み物は苦手なのですが、時間をかけて読みたいと思います。
最後に、あなたの記事は確かにいろいろ言っているし、文ストのファンには嫌われるかもしれません。
でも、意見としては筋が通っているし、そもそも作品の好き嫌いは人それぞれです。むしろ嫌いな物を嫌いと言えるのは良い事だと思います。
なので叩かれても頑張ってください。
そして、文豪の方の作品を読むきっかけをくれてありがとうございました。

長文失礼しました。

返信する
蜜柑

「素晴らしさを書く」というのが全然達成させられてなくて一周周って草生えたww(草に草)

個人的には文スト好きですが確かに文豪要素が生かされてない気がしますね。その代わりになんらかと関連性があって面白いとは思います。

ネタバレ注意速報(主さんが知ってるかはわかりませんが)

『オオカミを見る目』っていうのを読んて気づいた事がありました。因みに内容は大まかに言えば昔からの欧州では狼は悪者にされていて日本では神として敬われていたけど欧州からの狼を悪者にした物語が広く知られたり狂犬病の流行のせいで印象が悪くなったっていうやつでした。
それで気づいたんですが、中也は昔羊の王で、仲間から頼りにされていたが蘭堂さん(ランボオ)の一件で仲間から敵視されるっていうのが日本の狼を見る目に似てるなって思いました。欧州(ランボオ)の件で敵視された狼、みたいな。羊っていう組織名にしたのも狼は羊を食べることからなのかなって思いました。狼(中也)に食べられる前(ポートマフィア側になって敵対する前)に先手を打った的な。後半結構無理矢理だなこれ。
この他にもいろいろ考えてた事あったんですけどね、忘れました。馬鹿ですよね。覚えていたのは狂気そのものに狂気は効かないって事とラヴクラフトはルルイエに眠りに行ったっていうことぐらいでした。考察とはいえないクソ考察ですよね…

どうでもいいけどエリスちゃんって『舞姫』が元ちゃうんですか…?

最初から最後まで語彙力皆無でごめんなさい。あと所々感想文みたいですんません。温度差激しくてごめんなさい。
長文失礼しました。

返信する
蜜柑

「素晴らしさを書く」というのが全然達成させられてなくて一周周って草生えたww(草に草)

個人的には文スト好きですが確かに文豪要素が生かされてない気がしますね。その代わりになんらかと関連性があって面白いとは思います。

ネタバレ注意速報(主さんが知ってるかはわかりませんが)

『オオカミを見る目』っていうのを読んて気づいた事がありました。因みに内容は大まかに言えば昔からの欧州では狼は悪者にされていて日本では神として敬われていたけど欧州からの狼を悪者にした物語が広く知られたり狂犬病の流行のせいで印象が悪くなったっていうやつでした。
それで気づいたんですが、中也は昔羊の王で、仲間から頼りにされていたが蘭堂さん(ランボー)の一件で仲間から敵視されるっていうのが日本の狼を見る目に似てるなって思いました。欧州(ランボー)の件で敵視された狼、みたいな。羊っていう組織名にしたのも狼は羊を食べることからなのかなって思いました。狼(中也)に食べられる前(ポートマフィア側になって敵対する前)に先手を打った的な。後半無理矢理だなこれ。
他にも考察してたんですが忘れました。馬鹿ですよね。
結論
文豪要素は低いけどなんらかの関連性がいっぱいいますので私は好きです。

語彙力皆無ですみません。温度差激しくてごめんなさい。
長文失礼しました。

返信する
無名

いやー批判サイト見てからいきなり手のひら返しみたいな記事書かれてもファンとしてはめっちゃ腹立つ笑
しかも、梶井基次郎さんの頭馬鹿にしたり、腐女子向けのアニメ?私も腐女子ですけども、はっきり言って貴方不愉快です。其れはもうとてつもなく。貴方みたいな人が居たら文豪ストレイドッグスという
名が汚れます。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。