サブカルクソブログ

じゃあ逆に『文豪ストレイドッグス』の素晴らしさをこれでもかというほど紹介する!

 

なんか最近やたらこの記事にアクセスが集まると思ったら

www.tettunn.com

 

f:id:tettunn:20161218220738p:plain

 

↑検索エンジンの一番上に表示されるようになっていましたとさ。

うーん、ネガティブなことばっかり目立つなこのブログな。

さらに、今日この記事のコメントがプチ炎上したので上記記事は加筆修正いたしました。多くの人に読まれるほど自分のクビが締まってくってこれもうわかんねえな

一応言い訳をしておきますと、上記記事では文豪ストレイドッグスについて親の仇のようにキレ散らかしておりますが、これはそういう芸風です。敢えてこうしているまでですので悪しからず…とでも言いましょうかね。

まあ、そりゃあファンにとっては自分の好きなものをあそこまでこき下ろされちゃあたまったもんじゃないよね。わかるわかるわー(棒)

特に中高生ファンが多いでしょうからね。私も女子中高生に嫌われてたくないので、この記事はある種の逃げ道として書きます。

文豪ストレイドッグスの評価点

まず最初に言っておきますが、作品にはいいところもあれば悪いところもある、これは当然の話であって、前記事に於いては特に悪評価点を強調したかったからいいところを書かなかっただけです。単なる作品批評ならば両方書きますが、私はあの作品を好きではないという思いの丈だけ伝えたかったので。まあまずこれが反省点ですかね。あれでは単なるアンチ記事ですから。

というわけで、『文豪ストレイドッグス』の素晴らしいところを紹介していきたいと思います!

文豪たちが再び脚光を浴びる

f:id:tettunn:20161218223036j:plain

私は文学が好きです。しかしながら、周りに文学スキーな人は本当に数えられるくらいしかいませんでした。特に今の子供たちはスマホやゲームという娯楽がありますから、本なんて手に取る機会すらそうそうないでしょう。なればこそ、今の現役中高生たちにとってみれば、文豪?なんじゃそりゃって感じでしょう。

しかしながら、この漫画のお陰で文豪たちが再び陽の目を見ることになります。

夏目漱石や芥川龍之介など名前だけは知ってた、ってパターンは多いでしょう。この漫画がキッカケで文学少年や文学少女に目覚めるってことが増えるのかもしれないのです!ああ、それはとても素晴らしいことだ!!

付加価値をつけるということ

大衆は所詮本質など好みません。必要なのは付加価値です。このブックカバーがあるだけであら不思議。どや?なんだか欲しくなってくるだろう?どうせ著作権フリーで無料で読めるのn…おっと。

というわけで、 ぶっちゃけこの事実が私にとっての全てです。これだけで作者が梶井基次郎をグラサンチ〇コ頭にしやがったことを許せそうな気がします。

f:id:tettunn:20161116223144p:plain

↑頭が陰茎。

 

ちなみにこちらが梶井基次郎の写真。

f:id:tettunn:20161130235212j:plain

どっちかといえば新選組・近藤勲だろ感が半端ない。

だけど実際は物凄い繊細な人なのです。「桜の木の下には死体が埋まっている」のフレーズで有名な『桜の木の下には』の著者です。

関連記事:【瀧と三葉は結ばれぬ!】櫻の樹の下には……。『君の名は。』のモヤモヤ感は、デカダンスの背徳的心理で昇華できる

せめて、もう少し文豪たちの性質を反映させてほしかったなあ…とは思いますけどね。でもここから興味を持ってくれるということに比べたら些末なことなのです。

文豪たちも、名前を忘れ去られていくよりはどんな形であれ世にまた出ずるほうが嬉しい筈でしょう。

絵がうまい

腐向けにきっちり調整していますね!よっ、流石KADOKAWA!商売上手!

f:id:tettunn:20161218224513j:plain

 

モエー

f:id:tettunn:20161218224637j:plain

ストーリーが分かりやすく、とっつきやすい

「売れるもの」を作ろうとしたときに、「王道」は外せない要素の一つですね。

特に若年層向けならなおさら。「文豪」というテーマを敢えて厳格で難解なものにせず、とにかくキャラクター性だけを前に出していく。チープといえばそれまでですが、しかしわかりやすく親しみやすい。文豪のことを何も知らない若年層ファンにとっては丁度いい塩梅なのやもしれません。 

販売戦略が豊富

電通が有能なのか、はたまた角川のゴリ押しの賜物なのか、とにかく猛プッシュもあってかグッズがいっぱい出ています。

…正直、出来がいいものが多い。この作品を嫌いって公言している私も欲しくなりますね。文豪たち(本物)は大好きだからね。仕方ないね

 まとめ

・この作品を通じて実際に文豪たちの書いた作品に興味を持ってくれると嬉しいな!

・ブヒれる

・グッズが多くていい感じ!

・梶井基次郎のチン〇頭だけは許さない

 

そんな感じです。

 

実際に読んでみよう

というわけで、『文豪ストレイドッグス』ファンだけれども非実在のキャラクターたちにしか興味がないっていう画面の前の貴方、そう言わずに実在した文豪たちの作品を読んでみてください。文豪たちへの理解も深まるし、なにより読書は自分の可能性を広めてくれる!これは本当です。

関連記事:【私は読書に恋してる】素晴らしい文学に出会った瞬間の快感は射精にも勝る 

豪たちの作品は、大体が「著作者の死後50年が経過しているため著作権フリーです。つまり青空文庫で無料で読めちゃうってことです!

青空文庫 Aozora Bunko

あと、青空文庫はアプリもあるのでスマホやアイフォンからでも読めちゃいます!

 

しかし、私のオススメはkindleで読むことです。やはり、kindleは読書専用に特化されてるだけあって、滅茶苦茶読みやすい。なにより、著作権フリーの作品はそのまま無料でダウンロードするだけですぐ読める!これで貴方も読書家です。

オススメの作品についてはあとでまとめます。

ちなみに、kindleについては無料アプリもあります。これを青空文庫代わりに導入してもいいかもしれない。

結論

あとなんか最新巻読んだら普通に面白くなってたわ。

ドストエフスキーってやっぱすげえわ(学生諸君はドストエフスキーだけはマジで読んだほうがいいよ)。

関連記事:『ナニワ金融道』の作者、青木雄二の『役立つ読書法』 論

そんな漫画です。

 

終わり

あと中高生諸君は現国の授業で『城之崎にて』や『エリス』『山月記』などを習うであろうから、そういう機会を活用すべし。ただ、くれぐれも教科書にキャラクターの落書きをするんじゃないぞ。特に腐女子の諸君!