【必殺シリーズ】OPナレーション口上集まとめ!歴代必殺シリーズ紹介も【動画】

             「聞こえているのは、てめえから流れる血の音だぜ…!」

往年の大人気ドラマ「必殺シリーズ」には、ドラマ導入のオープニングシーンにおいて、幕開けの前に独特な前口上が存在する。時代劇全盛の時代なドラマなだけあって、非常に格好良い。

今回は、全必殺シリーズに渡って、前口上をまとめる。

目次

必殺仕掛人

はらせぬ恨みをはらし 

許せぬ人でなしを消す

いずれも人知れず 

仕掛けて仕損じなし

人呼んで仕掛人 

ただしこの稼業

江戸職業づくしには載っていない

必殺シリーズ第一弾 主役は仕掛人・藤枝梅安

記念すべき「必殺」第一弾。

原作は池波正太郎の「仕掛人 藤枝梅安」。『ゴルゴ13』でお馴染みのさいとうたかをの漫画版でお馴染みだ。個人的にも大好きな作品である。

当時の時代劇としても異色のTVドラマで、この大ヒットが次回以降のシリーズ定着に繋がった。

必殺仕置人

のさばる悪をなんとする

天の裁きは待ってはおれぬ

この世の正義もあてにはならぬ

闇に裁いて仕置する

南無阿弥陀仏

『必殺の顔』中村主水 初登場!更に大人気キャラクター念仏の鉄も

藤田まこと演じる中村主水が初登場。

放映当時はサラリーマン残酷時代。表の顔はうだつのあがらない公務員、裏では頭の切れる凄腕剣士。

この中村主水のキャラクターは世間に大ウケし、今後『必殺の顔』として永く活躍していくことになる。

また、主役の「念仏の鉄」も山崎努の圧倒的な役作りで大人気を博した。

助け人走る

どこかで 誰かが 泣いている

誰が 助けてくれようか

この世は 人情紙風船

耳をすませた 奴は誰

泣き声目指して 走る影

この世は闇の 助け人

闇の助け人が世間を走る

『必殺仕置人殺人事件』の影響でアタマから「必殺」表記を外すことになってしまったが、シリーズとして継続された一作である。

闇の仕事として殺しを請け負うだけでなく、いろいろな仕事をする万事屋的な立ち位置という点で異色ではある。

前作で人気キャラクターとなった中村主水が1話だけがゲスト出演した。

暗闇仕留人

黒船このかた泣きの涙に捨て処なく、

江戸は均しく針地獄の様呈し居り候

尽きせぬ この世の恨み一切

如何様なりとも始末の儀、請け負い申し

万に一つもしくじり有るまじく候

但し、右の条々闇の稼業の定め書き

口外法度の仕留人

主水シリーズ第一弾

人気キャラクターだった中村主水を再登板。

時代は他の必殺シリーズとは違い、幕末という設定になっている。

必殺必中仕事屋稼業

に生きるは 下品にすぎる

に生きるは 切なすぎる

出世に生きるは くたびれる

とかくこの世は一天地六

命ぎりぎり 勝負をかける

仕事はよろず引き受けましょう

大小遠近男女は問わず

委細面談 

仕事屋稼業

博徒が仕事屋稼業へ その名も「知らぬ顔の半兵衛」

必殺シリーズの中でも傑作に数えられるとして名高い。

満を持して『必殺』の冠を復活させてのシリーズ。1作目の必殺仕掛人で梅安を演じた名優、緒形拳が演じる「知らぬ名の半兵衛」など魅力的なキャラクターが多く登場。

必殺仕置屋稼業

一筆啓上 

火の用心

今日(こんち)、日柄も良いようで

あなたのお命 もらいます

人のお命頂くからは

いずれ私も 地獄道

右手(めて)に刃を 握っていても

にわか仕込みの 南無阿弥陀仏

まずはこれまで

あらあらかしこ

主水シリーズ第2弾

中村主水が主役級として再登板。

最終回の「一筆啓上崩壊が見えた」は、必殺シリーズの中でも1,2を争う名最終回として名高い。

必殺仕業人

 あんた 

 この世をどう思う

どうってこたぁねえか…

あんたそれでも生きてんの?

この世の川を見てごらんな 

   石が流れて木の葉が沈む

いけねえなあ 面白いかい

あんた死んだふりはよそうぜ

やっぱり木の葉は

    ピラピラ流れて欲しいんだよ

石ころ

   じょぼんと沈んでもらいてえんだよ

おいあんた聞いてんの? 

聞いてんのかよ

あらぁ

  もう死んでやがらぁ…

はァ…… 

菜っ葉ばかり食ってやがったからなあ…

シリアスな展開が多い主水シリーズ第3弾

中村主水が続投。

シリアスな展開が多く、闇の稼業仕業人はあくまで仕事での関係、と割り切ったドライな色が濃い作品となった。中村主水も長い裏稼業生活により荒んでいるのが見て取れる。

しかし、最終回では仕業人としてではなく、武士としての生きざまを見せる。仲間を次々と喪ったことが、後の中村主水に暗い影を落とすことになる。

必殺からくり人

が降ったら傘をさす

    つらい話は胸をさす

 娘十八 をさす

     

    魔がさす 棹さす 将棋さす

    

          世間の人は指をさす

 

          許せぬ悪に  

     とどめさす

からくり人が行く

からくりで敵を殺すからくり一座。

1クール放映となった。このからくり人は続編も制作されることになった。

必殺からくり人 血風編

さよならだけが人生か

それなら今日(こんち)はなんなのさ

きのう勤皇 今日佐幕

きのうほんとで 今日はウソ

雨は降る降る 血の雨が

人の情けは 泥まみれ

あした天気になぁれ

からくり人の続編

必殺からくり人の続編となるのが本作。

この作品のあと、史上最高傑作の名高い新必殺仕置き人が放映される。

新必殺仕置人

のさばる悪をなんとする

天の裁きは待ってはおれぬ

この世の正義もあてにはならぬ

闇に裁いて仕置する

南無阿弥陀仏

必殺シリーズ最高傑作

前期必殺シリーズの集大成といわれる必殺シリーズ最高傑作。

中村主水、念仏の鉄の2大看板が素晴らしい。仕業人で仲間を失い、裏稼業から足を洗いたい中村主水だが、今回の仲間たちは仕業人のときのような殺伐とした関係ではなく、どこか明るく温かい。影がある中村と、豪快な鉄。

特に最終回の『解散無用』はまさに最高のラストで必見の出来栄えとなっており、ファンの間でも伝説の最終回として語り継がれている。

パチンコ化もされている。

新必殺からくり人 -東海道五十三次殺し旅-

の一生は旅に似ているといいますが…

本当にそうでございますねぇ

わたくし安藤広重が旅を描きました

東海道五十三次

綺麗ばかりで少しも人のため息が

聞こえてこないとか…『

そんなことはございません

一枚一枚にせっぱつまった恨みとつらみ

つまりは殺してもらいたい人間をそっと描き込んである仕掛け…

お艶さん よッくごらんの上 

東海道五十三次殺し旅

よろしくお願いいたします…

東海道五十三次をなぞり、殺して歩く

『東海道五十三次』に隠された恨みを晴らして歩く異色作。前作の「からくり人」とは関連性はない。

江戸プロフェッショナル・必殺商売人

春には春の花が咲き

秋には秋の花が咲く

わたしの花は何んの色

咲くならそっとスミレ色

目立たぬように咲きましょう

目立てば誰かが手折ります

手折られ花は恨み花

涙色した風下さい

涙色した水下さい

闇の商売人

裏稼業から足を洗えない中村主水。引き続き、「主水シリーズ」として続投することになった。新必殺仕置き人の後は、必殺シリーズもいろいろと試行錯誤の連続だったといえるだろう。

必殺からくり人 -富獄百景殺し旅-

神や仏がいなさって

悪を罰してくださると

小さいときに聞きました

それはやさしい慰めと

大きくなって知りました

やさしさ頼りに生きてはきたが

やさしさだけでは生きてはいけぬ

早く来てくれ 

からくり人…

また絵に描かれた謎を追うからくり人

東海道五十三次殺し旅と同じようなプロット。

翔べ!必殺うら殺し

二つの眼(まなこ)を 

   閉じてはならぬ

この世のものとも思われぬ、

   この世の出来事見るがいい

神の怒りか仏の慈悲か

恨みが呼んだか摩訶不思議

泣き顔見捨てておかりょうか

一太刀浴びせて一供養

二太刀浴びせて二供養

合点承知の必殺供養

SFみたいになった

迷走していたころのシリーズ。

今でも賛否両論…というか否定的な意見のほうが多い。

必殺仕事人

一掛け 二掛け 三掛けて

仕掛けて 殺して 日が暮れて

の欄干腰下ろし、遥か向こうを眺むれば

この世はつらぁいことばかり

片手に線香 華を持ち

おっさんおっさんどこ行くの

私は 必殺仕事人

中村主水と申します

『それで今日は、どこのどいつを 殺ってくれとおっしゃるんで…?』

必殺シリーズを再び浮上させた大傑作

主水シリーズの転換期にして頂点。

迷走を重ね、すわ、打ち切りかと囁かれていた必殺シリーズを一気に挽回させ、必殺の顔とまでなった。

必殺仕舞人

~♪ 箱根 八里は

馬でも越すが

越すに越されぬこの世の峠

西が曇れば涙雨

東が曇れば恨み雨

どうせこの世は生き地獄

かわって晴らそう女の涙

この世の苦しみ仕舞人

この世の苦しみ仕舞人

この口上もかなり好き。

かなり早口である。

新・必殺仕事人

世の中は…

行くな戻るな居座るな

寝るな起きるな立つな座るな

生麦生米生卵

どじょうニョロニョロ 

三(み)ニョロニョロ

合わせてニョロニョロ

 六(む)ニョロニョロ

しっぽ押さえりゃ頭が逃げる、

頭押さえりゃしっぽが跳ねる!

とかくこの世は悪党揃い、

悪人ヒョコヒョコ 

三(み)ヒョコヒョコ

四(よ)ヒョコ 五(いつ)ヒョコ 

六(む)ヒョコ七(なな)ヒョコ

八(や)ッピョコ 九(ここ)ヒョコ 

十(とお)ッヒョコ…

ええい面倒くせい!! 殺っちめえ!!

仕事人の続編

好評を博した仕事人の続編。

新必殺仕舞人

今の世の中 男は女の力に負けそうです

しかし昔 女は弱かった

破れ 傷つき 泣いていた

そんな時代の出来事です

女の涙に映った恨みを晴らして歩く

仕舞人一座の物語

それでは開幕の拍子木を鳴らしましょう

お命 ご用心

仕舞人の続編

こちらも仕舞人の続編。

必殺仕事人Ⅲ

世の中の善と悪とを比べれば

恥ずかしながら悪が勝つ

神も仏もねえものか…

浜の真砂は尽きるとも

尽きぬ恨みの数々を

晴らす仕事の裏稼業

へへっ お釈迦様でも気がつくめぇ

仕事人3作目

仕事人のさらなる続編。

必殺渡し人

昔から悪の栄えたためしはないと

世の例えには言うけれど

どうやらそうではないらしい

山のあなたの国々も悪が栄えているという

わからない事ばかりだが

わかっている事ただ一つ

許せぬ悪を消すことだ

この世とあの世の境の場所に、船を浮かべて待っている

三途の川の渡し人

ここらへんから仕事人の間を取る作品が多くなる

別物といえるくらい人気シリーズとなった「仕事人」とその間を取るという構図の作品が多くなる。なのでネタもなくマンネリ気味。

必殺仕事人Ⅳ

近頃世間に流行るもの

押し込み強盗高利貸し

賄賂をもらうえれえ人

金 金 金の世の中で

泣くのは弱い者ばかり

涙をふいておいでなせえ

恨みを晴らす仕事人

陰膳据えて待っておりやす

仕事人4作目

仕事人シリーズ4作目。

必殺仕切人

花が咲いても人は泣き、その泣き声は蝉時雨

月は晴れても心は闇で、逃げてさまよう雪の中

一年三百六十五日

鴉の鳴かぬ日はあれど、悪人笑わぬ日とてない…

恨みを断ち切る仕切人

浮き世の気晴らし なすってくだせえ

恨みを断ち切る

ここらへんからよくわからない。

必殺仕事人Ⅴ

お医者さまでも草津の湯でも

恋の病は治らねえ

恋の闇よりなお暗い 恨みの夜の稲妻に

姿が浮かぶ仕事人

顔は見ねえでおくんなせえ

心の闇を晴らして見せやす

仕事人5作目

仕事人シリーズ5作目。

必殺橋掛人

十月十日に生を受け、七五三なら祝い事

もめ事 泣き事 勝負事 さらに加えて弔い事

裏切り 騙され 捨てられる

疲れ果てたらおいでなせえ

この世とあの世の橋掛けに 

  そーっと送ってさしあげやしょう

あの世とこの世の橋掛け人

これもよくわからん。すみません。

必殺仕事人Ⅴ 激闘編

🗻寂しさに 宿を立ちいで 眺むれば    空に真っ赤な 雲の色

この世は真っ赤な嘘ばかり

嘘と悪とで押しつぶされた

お前に代わって悪人どもを

真っ赤な血潮で染め上げましょう

仕事が済んだその上は、

🗻これやこの 行くも帰るも 別れては

   知るも知らぬも お前と私…

仕事人の掟でござんす

激闘編

仕事人シリーズも流石にマンネリ化が激しく、いよいよ終わりの時が近づいてきた感がある。

必殺まっしぐら!

天に二つの陽がないように

闇の世界も二つはいらぬ

江戸の二つの闇組織

どちらが勝つかサバイバル

まずかんざしの秀を消せ 

  暗闇指令の飛ぶ中を

秀 麻呂 東吉 桂馬のお銀

悪に向かってまっしぐら!

終わりに向かってまっしぐら

この作品はコメディ色が強く、ドラマという感じでもなかった。

必殺仕事人Ⅴ 旋風編

雪に白鷺 闇夜に鴉

紛れ隠れる悪い奴

正直者は阿呆鳥

これじゃあ理屈が合いません

世の中こんなもんだよと

あきらめないで来てくだせえ

どこにいようと探し出し

  必ず仕留めてご覧にいれます

最後の仕事人

結局、最後まで仕事人が引っ張った形となった。

まとめ

ちなみに私は「必殺仕業人」の口上が特に好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。