ゴルゴ13の都市伝説の真実『金庫に眠る最終回』、『ゴルゴの目にペンを入れるだけ』の真相

ゴルゴ13の原作者、さいとう・たかを氏の死去

先日、ゴルゴ13の原作者であるさいとうたかを氏が逝去されました。

巨星墜つ!世界を股に掛ける謎の暗殺者を描いた代表作「ゴルゴ13」や、「無用ノ介」、「影狩り」などのヒット作で知られる漫画家さいとう・たかを(本名斉藤隆夫=さいとう・たかお)さんが24日午前10時42分、すい臓がんのため死去した。84歳。和歌山県出身。葬儀・告別式は親族で行った。お別れの会は、今後の状況などを慎重に見極めつつ、開催を検討する。漫画誌ビッグコミック(小学館)の「ゴルゴ13」の連載は継続する。

 「ゴルゴ13」は68年に連載開始。「強烈にパンチのある作品」という要望を受け、超A級の射撃の腕を持つ主人公デューク東郷のアクションにリアルな国際情勢を絡めたハードな作風で、大人が読むに堪える「劇画」の隆盛を決定づけた。

 ゴルゴの外見は俳優の高倉健さんからイメージを膨らませ、東郷の姓は悪童だったさいとうさんを唯一理解してくれた中学時代の恩師から。「法律も善悪も気にせず孤高を貫くゴルゴは、僕の理想の投影」と説明した。

 当初10話しか思いつかなかったという連載は、20年5月に新型コロナウイルス感染拡大を受けて、スタッフの健康を守るため休載するまで半世紀以上続いた(同年7月再開)。健さんや千葉真一さんの主演で実写映画化され、アニメ映画やテレビアニメにもなった。今年7月には単行本201巻が発売され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された。今月に202巻が発売された。

 ビッグコミック編集部によれば、さいとうさんは「自分抜きでも『ゴルゴ13』は続いていってほしい」と希望し、制作集団としてのさいとう・プロダクションを再構築。今後は同プロが作画し、脚本スタッフと編集部が協力して連載を継続する。関係者によれば、10月10日発売の次号は追悼号として、過去の名作と編集部による追悼記事を掲載。同25日発売の次々号には新作が掲載される。

漫画家さいとう・たかをさん 死去「ゴルゴ13」は終わらない! 連載継続

 

これだけの大作家ですから、長年ゴルゴの掲載誌であったビッグコミックにて、追悼企画が組まれました。ゴルゴファンである私も、2021年10月25日発売の11月10日号を購入してきました。

その中の特集で興味深いものがあったので、ご紹介したいと思います。

『ゴルゴ13』の都市伝説

まず、ゴルゴ13の都市伝説、噂についてご存じでしょうか?

インターネット上でまことしやかに囁かれているゴルゴの都市伝説に、

・さいとうたかを氏はゴルゴの絵を描かず、目のみにペン入れをしている

・ゴルゴ13の最終回はすでに描かれており、原稿が金庫に眠っている

というものがあります。この都市伝説について、今回のビッグコミックの追悼企画である長崎尚志の編集部との対談『偉大なる師の肖像』で触れられていました。

長崎尚志氏は、二十代のころに「ゴルゴ13」の編集担当をしていたとのことです関して

宮城県仙台市出身。幼い頃は名古屋、東京、横浜、金沢などで過ごす。1980年小学館入社。『ビッグコミック』『週刊少年サンデー』『ビッグコミックオリジナル』『ビッグコミックスペリオール』などの編集を担当する。1999年7月『ビッグコミックスピリッツ』編集長に就任[1]。2001年に小学館を退社、フリーとなり、以降は漫画原作者として活動する。東周斎雅楽(とうしゅうさい がらく)、 江戸川啓視(えどがわ けいし)、リチャード・ウーなど複数のペンネームで多くの作品を手掛ける

Wikipediaより引用

「最後にゴルゴの目だけをペン入れする」という噂に関して

さいとうたかを氏は日本の漫画家で最も早く分業によるプロダクション体制をとってきただけに、これまでゴルゴ13ほかの作品において、作者のさいとう氏は「キャラクターの目しか描いていない」と噂されてきました。キャラクターの目にペンを入れることだけは原作者がすることで、「キャラクターに命を吹き込む」こととして考えられていた節がありますね。ゴルゴだけでなく『藤枝梅安』や『鬼平犯科帳』など人気連載作品を他にも多く抱え、全盛期には殺人的なスケジュールをこなしていただけあって、なんとなく「そうなんだろうな」と思ってきた漫画ファンも多かったことでしょう。

この噂に関しては、完全にデマだと長崎氏は言い切っています。

巷の噂の中に、氏(さいとうたかを)はほとんど絵を描く作業をせず、最後にゴルゴの目だけを入れる、というものがある-それは完全なデマである。

曰く、たしかにキャラクターのほとんどは当時さいとう氏の右腕だった石田フミヤス氏が担当していたそうです。しかし、ゴルゴだけはすべてさいとう先生がペン入れをしており、原稿の中でイメージに合わないコマがあると、表情や背景に至るまで、すべて一人で描きなおしていたとのこと。

「結局のところ、さいとう先生がスタッフの誰より絵がうまい」とは前述した石田氏の弁です。

また、こち亀でこのようなパロディがあったこともあり、読者の印象にも強く残っているんでしょうね。作者同士で親交がありますから。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」より

しかしこち亀もキレが凄いですね。

ゴルゴ13の最終回がすでに決まっているという伝説について

これは、ゴルゴの最終回がすでに原作者によって描かれており、その時が来るまで金庫に厳重に保管されているという都市伝説です。

こちらに関しても本当に有名で、ネット上で考察が多くなされていますよね。この件に関しても長崎氏は最後に触れています。

結論から言うと、「この伝説は半分正しいが、半分間違っている」ということです。

氏はすでに最終回を描き、その原稿は金庫に眠っているという説。わたしは一度も氏からそのような話を聞いたことがない。最終回のストーリーが決まっている、という説も同様だ。ただし、ゴルゴが最期にどうなるかは、直接聞いたことがある。氏の頭の中では、最初から決まっていたそうだ。

つまり、最終回の原稿は存在しないが、最終回は先生の頭の中で決まっていたということですね。

さいとう先生としては、こういう風に話を畳みたい、っていうのが漠然と決まっていたんですね。でも、ここまで連載が長期に続いてしまったので、もしかするともう風呂敷を畳むのは無理かな、とも思っていたのかもしれないですね。もはやゴルゴという作品は作者の手を離れて、さいとう先生自身が終わらせたくても終わらせられない話になっていましたからね…

関係ない話だけど、これどういうことだろうね(笑)

まとめ

まとめると、

・ゴルゴの目にだけペンを入れるのは完全にデマ

・最終回の原稿というものは存在しないが、さいとう先生の頭の中にはラストの展開の筋書きがあった

ゴルゴのオススメエピソードランキングという記事もあるので、よかったら是非のぞいてみてください↓

それでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。