サブカルクソブログ

西内まりやの『キューティーハニー ティアーズ』、大爆死

ちーん

 

1日、西内まりや主演の映画『CUTIE HONEY TEARS』が公開初日を迎えたが、大爆死しているという。興行通信社発表の公開初週の映画ランキングではトップ10圏外という結果で、西内の女優としての先行きが不安視されているようだ。

 本作は、漫画家・永井豪の代表作『キューティーハニー』(秋田書店)を元に実写化したもので、西内は人間の感情を持つアンドロイド・如月瞳を演じる。
「モデル出身の西内は、これまで女優や歌手としての活動を展開してきましたが、どれも中途半端な成績しか残せていません。2015年の主演ドラマ『ホテルコンシェルジュ』(TBS系)は、放送前から、関係者の間でも『プライム帯の連ドラ主演は早すぎる』などと不安視され、結果は全話平均視聴率7.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と消費税割れ。主演であるKis‐My‐Ft2・玉森裕太の相手役を務めた映画『レインツリーの国』こそヒットしましたが、原作と玉森人気あっての結果といわれています。知名度や人気の割に仕事が絶えないことで、ネット上では“ゴリ押し”批判が巻き起こっています」(芸能ライター)
 そんな中、公開された西内版『キューティーハニー』は、初週のトップ10入りならず。大規模とはいえない全国93館公開だが、ネット上には初日から「映画の日で料金が安いのに、こんなにガラガラなんて」「劇場に5人しかいないんだけど」などといった報告が上がっていた。
「興行成績は、まさに大爆死といっても過言ではないでしょう。米映画興行情報サイト『Box Office Mojo』調べでは、トップ19位までランクインが発表されますが、そこにすら入っていませんでした。ネット上には鑑賞者から『西内はスレンダーだけど、キューティーハニーにしては色気が足りない』といった西内への批判のほか、『原作の決め台詞“ハニーフラッシュ!”が聞けなくて残念』『“近未来のキューティーハニー”がコンセプトなのも疑問だけど、ストーリーや設定も微妙』など、原作やアニメと比較した上での批判が飛び交っています。また、西内以外の主な出演者が、二世俳優・三浦貴大にモデル・石田ニコル、また2011年に宮崎あおいと離婚した俳優・高岡奏輔など、いまいちパッとしない面々だったのも敗因かもしれません」(映画ライター)

西内まりや『キューティーハニー』大コケ!! 「トップ10圏外」「初日からガラガラ」の窮地|サイゾーウーマン

 

・・・

 

( ^ω^)・・・

 

まあ…当然でしょ

 

だってこれだよ↓

f:id:tettunn:20161012192029j:plain

f:id:tettunn:20161012192031j:plain

 

 

・・・

 

 

は?

 

 

脱げよ

 

 

露出が足りないんじゃカス

これに尽きるだろう。

 

 

 

f:id:tettunn:20161012192258j:plain

こちらが原作のキューティーハニーである。

 

色々言いたいことはあるが、とにかく今回の実写化は何もかも中途半端。

エロ可愛いハニーを観たい!ってことが最大の動機付けなのに、あんなAndroidみたいなスーツなんて誰も観るわけないですやん。

 

いい加減、永井豪原作の実写で成功する映画を作ってほしいもんである。

 

黒歴史

f:id:tettunn:20161012193854j:plain

 

dic.pixiv.net

 

いい加減、永井豪原作の実写で成功する映画を作ってほしいもんである(リピート)

 

 

関連記事

『君の名は。』の大ヒットの全ては、ラストシーンのカタルシスで説明が付くんじゃないか?

『君の名は。』について、「よくわからない、わからなかった」「だけど感動した!」という意見多数、ならば何故感動するのか? 

『君の名は。』を批判すると苛烈に攻撃され人格否定までされる件